アフィリエイトで報酬を得るためには、あなたのウェブサイトに訪問してくれたユーザーが商品を買う、あるいはサービスに申し込んでもらう必要があります。そのためにはユーザーの購入意思を刺激してあげる必要がありますが、今回は商品を売るために押さえておきた3つのポイントについて解説します。

  1. 記事(あるいは読者層)との親和性
  2. Not 押し売り感
  3. ウェブサイトの情報(あるいは運営者)への信頼性

では一つ一つ解説していきます。

記事(あるいは読者層)との親和性

記事内容に関連の強い商品を紹介することで、訪問者の購入意欲を高めることができます。次のページで解説しますが、商品購入に至るにはいくつかの心理的障壁を乗り越えさせる必要があります。最初の障壁が「無関心」から「興味」への壁です。記事に親和性の高い商品の時点で、無関心の壁は乗り越えていますので、一歩、購入へ近づいたことになります。

Not 押し売り感

現実社会で押し売りされるのは誰もが嫌な印象を受けるはずです。ですが、インターネット上では意外とこの押し売りのような状況が散見されます。「この商品最高!絶対お薦め!」的な絶賛記事や、毎日のように違う商品を紹介しているウェブサイトを見て買おうと思うでしょうか。アフィリエイトで商品を紹介する頻度の検証という記事でも書きましたが、適度なバランスで商品を紹介することが重要です。

ウェブサイトの情報(あるいは運営者)への信頼性

「餅は餅屋」ということわざがありますが、やはり専門家への信頼というのは非常に重要です。記事の内容で訪問者に納得感を与えれば、読者は記事を信用して商品を購入してくれます。世界一周した人がお薦めする寝袋だったら、バックパッカーは信用して購入するのです。特に実体験や自分の知識を基に文章を書いているという点が重要です。実際に世界一周をした人の言葉と、Google Earthでバーチャル世界一周を10回したという人の言葉の重みはまったく違います。