静寂のレムトンビーチの隠れ家リゾート、ジボラ

ジボラ

船でしか行けないせいか、エクスクルーシブ感が漂うレムトンビーチ

ピピ島の北端にあるレムトンビーチは、島の玄関口であるトンサイベイから遠く離れ、ボートでしかアプローチできない、いわば隔絶のビーチです。レムトンビーチに到着すると、トンサイベイの賑やかさが遠い昔のような感覚になるほど、静か。島には数軒のリゾートしか、ありません。

 

ジボラ

ビーチから木々の合間を抜けてレセプションエリアへ。樹木が強い日差しを遮り、涼しい木陰を作っています

リゾートのうちの一軒、熱帯の樹木に包まれたジボラは、まるで一昔前のタイの村落のような雰囲気。スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ワールドのメンバーなので、優雅にスローなアイランドライフが満喫できます。

ちなみに、「ジボラ」とは、沖縄などの海辺でも見かけるクサトベラのこと。地元の言葉で”海への愛”という意味があるそうです。

 


天然の建材を使った、風が通り抜けるヴィラ

ジボラ

ベッドルーム、リビング、シャワールームが横並びになったレイアウトが基本形

52棟のヴィラは、迷路のように小道が走る熱帯の樹木の中に点在しています。自分のヴィラへ帰るのに迷子になってしまうくらい、木々に覆われている感じ。白砂の道のところどころに、ここでウォッチングできる鳥や、このリゾートにまつわるストーリーを紹介する看板が立てられているので、それが道しるべも兼ねているよう。

ジボラ

風が通り抜けるリビング。プライバシーを守るなら、簾を下せばOK

ヴィラはプール付きやロケーション、広さなどで4タイプに分かれます。ヴィラの基本的なレイアウトは、ガラス窓を多用した緑の眺めに癒されるベッドルーム、三角形のクッションを置いた屋根付きのオープンリビング、そしてシャワールームとアウトドアシャワーが横並びになっています。アウトドアシャワーの有無で、標準クラスの「ヴィレッジ・スイート」(40平方メートル)と、「ガーデン・スイート」や「ビーチフロント・スイート」(いずれも60平方メートル)に分かれます。

憧れは、高台に立つ「プールヴィラ・スイート」。ベッドに横たわりながら、あるいはプライベートプールに浸かりながら、アンダマン海に浮かぶモスキート・アイランドやバンブー・アイランドを望めます。

 


ジボラ

梢の先にアンダマン海に浮かぶ島々を望むプールヴィラ・スイート

どのヴィラも、チークウッドを使った”オールド・プーケット・スタイル”を採用し、シノ・ポルトギー調のカラフルなガラスのモザイクや、麺屋台で使われる漏斗をランプシェイドなど、小技も満載。
オープンなリビングは、壁がなく、簾が下ろされた板張り床になっています。三角クッションに背を預けて緑のガーデンを眺めていると、風が吹き抜け、どことなく日本家屋の縁側でくつろいでいるような気分に。

 


小粋な遊び心に会話も弾む、美味しい朝食

ジボラ

袋入り揚げパン+ビュッフェ+ホットディッシュの充実した朝ごはん

レストランはメインの「バジル」とオンザビーチの「タカダ」の2カ所。朝食は「バジル」にて。テーブルにつくと、紙袋に入った揚げパンの”パトンコー”が、はちみつとパンダナスの葉のジャムと一緒にサーブされます。

ジボラ

メインレストランの「バジル」。天井の模様、実はゴザを貼り付けたとか

この”パトンコー”は2本が寄り添うような形なのですが、タイ版「ロミオとジュリエット」のストーリーから、二人が一緒にいられるようにという願いが込められているとか。そして、揚げパンの入った紙袋を見ると、ホットディッシュのメニューがプリントされています。「エッグ・ベネディクト」や「チャオ・プラヤ・ブレックファースト」(タイ料理)、「サムライ・ベントー」など、席に着いてからオーダーをするわけです。さらにビュッフェ・メニューも充実し、フルーツ・スタンドや、その場で作るタイのパンケーキのスタンドも。

テラス席と室内席がありますが、おすすめはテラス席。海を眺めながら、美味しい朝ごはんで1日を始められます。

 


施設は少数先鋭ながら、えりすぐり

ジボラ

やや内陸にある、ウッドデッキに囲まれたプール。スパやブティックなど、ほしい施設は一通りあります

島の空気が味わえるこぢんまりとしたリゾートなので、最先端をいくような大掛かりな施設はありません。内陸側にプールと高台にスパ(サウナやスチームルーム、レインシャワーを併設)、そしてブティックとダイビングサービスがあるくらい。けれど、のんびりと静寂のビーチで過ごすならば、ほしい施設は抜かりなく揃っているでしょう。

 

<DATA>
ジボラ

巨大な座布団のようなビーチベッド。リラックスできます!

■Zeavola Resort
住所:11 Moo 8 Laem Tong, Koh Phi Phi, Ao Nang, Krabi 81000, Thailand
TEL:+66-7562-7000
料金:8300バーツ~
日本からの連絡先 スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド TEL:006 633 813 074
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。