女性パーソナルスタイリストが解説! 「男のセンスアップ」

自分に似合う服をコーディネイトして届けてくれることで話題のファッションサービス「bemool/ビモール」で活躍中の女性パーソナルスタイリストへインタビューする連載企画。前々回の記事「bemoolスタイリストに聞く 男に求めるオシャレ服」、前回の記事「女性が望む大人の男のコーディネイトとは?」に続いて、最終回となる今回は女性視点での「センスアップのコツ」について語ってもらいました。

 定番カラー以外の色使いが重要

bemool

「ビモール」パーソナルスタイリストの“のん”さん。センスアップのコツを真摯に語ってくれました

「ビモール」パーソナルスタイリスト、のんさんによると“シンプル”にもバリエーションがあるという。

「本来、大人になればなるほど中身は濃くなっていくはずですし、原則としては、大人の着こなしは、まず人ありきだと思っています。だからこそ、着る人を引き立てるようなスタイリングを提案するのがひとつの目標ですね。

例えば、タレントのベッキーさんのように、カラフルな着こなしであってもシンプルに見えるコーディネイトってありますよね。男性でもお笑い芸人の方に多いと思うんですが、シンプルって実はいろいろあって、その人のキャラクターにあったスタイルにおいてシンプルであれば、人柄も引き立ってくると思うんです」。

――のんさんが特に好きなコーディネイトって?

「個人的には、テレビの司会者の方のコーディネイトはけっこう好きですね。加藤浩次さんとか、バナナマンの設楽統さんとか。ベースはスーツなんだけど、鮮やかなカラーを上手に取り入れたりして、ハズしているバランスが絶妙。もちろん、プロのスタイリストが付いてるとは思うんですけど(笑)。

ビモールの利用者とやりとりする中でも、それまでは使っていなかったような色使いを提案して、結果的に喜ばれることも少なくありませんよ」。

次のページに続きます