メンズファッションの悩みを女性スタイリストが解決

今回はいつもと趣向を変え、大人の男性が着るべきコーディネイトを女性目線から探るべく、インタビュー取材を行いました。話を伺ったのは、最近話題を集めている「bemool/ビモール」というサービスで活躍中のパーソナルスタイリスト。休日のスタイリングに悩んでいる人もそうでない人も、女性の視点は大いに参考になると思います。

話題のサービス“ビモール”って何??

bemool

「ビモール」は、似合う服をスタイリストがコーディネイトして届けてくれるショッピング代行サービス。

最近、ショッピングを代行してくれるサービスが増えていますが、「ビモール」もそのひとつ。大きな特徴は、服を選んでくれるパーソナルスタイリストが基本的に素人の女性だという点です。ただし、読者モデルやアパレル店員、服飾系の学生など、オシャレ感度の高い女性ばかり。定石やセオリーに縛られ過ぎず、客観的な視点から選んでもらったコーディネイトは、新しい自分を発見する一助になるでしょう。

サービスの詳細は「ビモール」のサイト( https://bemool.com )で確認していただくとして、今回はパーソナルスタイリストにお話を伺い、大人の男性に着てほしいコーディネイトについて語ってもらいました。

生活に馴染みつつ雰囲気のあるスタイルが好き

bemool

「ビモール」パーソナルスタイリストの逢沢莉緒さん。率直な意見を語ってくれました

今回、お話を伺ったのはシーンに合わせた着こなしを得意とするパーソナルスタイリストの逢沢莉緒さん。

「極論ですけど、洋服は何でもいいというか、結局は中身がいちばん大切だと思うんですよね。でも、もしも中身がほとんど同じ人がいるとしたら、ラッピングという意味でファッションも大切だと思うんです。

すごくオシャレである必要はないし、同僚とか身近な人に“雰囲気いいね”って言われるくらいがいちばんバランスがいいと思います」


――ビモールではどのようなコーディネイトを?

「ビモールで服を選ぶ際は、どこかへ出掛ける時にがんばろうって思える服とか、自分に自信が持てるようになる服とか、生活に密着したコーディネイトを作るようにしています。

基本的にはオーダーくれた方に合う服を提案するんですが、強いて自分の好みを言うとすれば、すごくカジュアルな着こなしで素材が良い無地を選んでいたり、逆にキッチリした格好なのに色とか柄で遊んでいたり、そういうギャップというか遊び心のあるスタイルがいいですね。

雑誌で言うと『オーシャンズ』も好きなんですけど、『メンズファッジ』が一番好きですかね、雰囲気イケメンというか」。

次のページに続きます。