小さめのクッション封筒を作っておくと便利

小さめのクッション封筒を作っておくと便利


軽く保護したいもののラッピングや発送などに便利な、クッション付き封筒。最近はかわいい柄のついたものを100円ショップなどでも見かけるようになりました。でも特に小さなものを入れたいなら、自分でぱぱっと作ってしまったほうが好みのサイズにできます。角底袋をアレンジして作るアイデアをご紹介します。


 

クッション封筒の材料


材料

材料

  • お好みのサイズの角底袋
  • 袋の横幅に合うクッション材
  • 両面テープ
  • 綿レース
  • スタンプなど

簡単クッション封筒の作り方

スタンプで飾りつけ

スタンプで飾りつけ

1.角底袋の口の折り返しサイズを決め、好きな位置にスタンプなどで飾りつけをします。

 
袋のサイズに合わせてカット

袋のサイズに合わせてカット

2.クッション材は、袋のサイズに合わせて長さをカットします。袋の口の折り返し部分の下までの長さです。2枚作ります。

 
両面テープをセット

両面テープをセット

3.クッション材の上下に両面テープをつけ、袋の内側に貼り付けます。

 
内側に貼り付ける

内側に貼り付ける


 

底を折る

底を折る

4.底マチ部分は半分に折ります。

 
横マチの折込部分

横マチの折込部分

5.次に横向きにしてみると、底マチと横マチ部分はこのように折りこまれています。

 
折り下げる

折り下げる

横マチの三角部分をこのように下側に折り下げます。

 
横マチ部分

横マチ部分

そうすると、このように横マチ部分が上から下までまっすぐの状態になります。

 

レースに両面テープ

レースに両面テープ

6.用意した綿レースは、袋の長さに合わせてカットし、端に両面テープを貼ります。裏表に両面テープを貼ってください。

 
横マチ部分に貼り付ける

横マチ部分に貼り付ける

7.袋の横マチ部分に、レースが少しはみ出るように位置を調節して貼り付けます。反対側も同じようにします。

 
レースを挟んだ形になります

レースを挟んだ形になります


 
両端とも挟んだところ

両端とも挟んだところ


 
できあがり

できあがり

8.これでできあがり。かわいいオリジナルクッション封筒ができました。

 
内側はこうなっています

内側はこうなっています

内側には、折りたたまれた横マチ部分が飛び出ています。少し入れにくいのですが、このように横マチ部分を貼り合わせておくことで、周囲がしっかりとした封筒に仕上がっています。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。