妊娠中にシミが急増する原因

妊娠中に増加する女性ホルモン(特にプロゲステロン)により、メラノサイトの活動が活発になります。メラニン色素はメラノサイトで作られるので、妊娠するとシミやソバカスができやくなってしまうのです。

出産後、女性ホルモンのバランスが整うにつれ「肝斑」という目周りや頬の左右対称に出来るシミの場合は多少薄くなる可能性があります。ただし、シミの中でも紫外線による影響のシミは出産後も消える事はありません。妊娠中はいつも以上にUVケアを行うようにしましょう。
シミが出来やすい妊娠中は普段よりもUVケアが必要です

シミが出来やすい妊娠中は普段よりもUVケアが必要です


妊娠中のシミを増やさないために

妊娠中は肌が敏感になっています。日焼け止めを選ぶ際は、なるべく刺激の少ないもの(紫外線吸収剤の入っていないもの)が良いでしょう。

また、妊娠期において食生活は特に大切です。しっかりバランスの取れた食事を心がけましょう。シミを増やさないためには、ビタミンCを多く含む野菜や果物を積極的に摂ることがポイントです。

生活習慣では、規則正しい生活リズムを心がけて、十分な睡眠を取るようにしましょう。ターンオーバーの乱れを引き起こす原因になるので、なるべくストレスを溜めこまず、適度な運動(ウォーキング)なども良いと思います。


妊娠中の美白ケア

美白ケアについては個人差がありますが、肌が敏感になるので赤みやニキビが出来やすくなるという人もいます。まずは肌の調子を整えるようにしっかりと基礎スキンケアをした上で、トラブルのない人は美白ケアを行って下さい。

また妊娠中はクリニックでのシミ取りレーザーやピーリングは行えません。レーザー治療が胎児に影響を与えることはないと言われていますが、照射時の緊張や痛みがストレスになることが考えられるためです。アフターケアで処方できない薬もあるので、出産後に落ち着いてから施術を受けるようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。