天然皮革スニーカーのお手入れ方法

天然皮革スニーカーのお手入れ方法

天然皮革製のスニーカーは、何となくお手入れしにくそうな感じがしていませんか? 方法を知ってさえいればそんなことはありませんよ!
 

天然皮革スニーカー、普段のお手入れは?

汚れをはらって、時々クリームで栄養補給と保湿をしてあげればOKです。天然皮革製品ですから、毎日履き続けないで休息日を作った方が靴が長持ちします。休息日は風通しのよい日陰で陰干しします。以下の点にも注意しましょう。
 
  • 購入したらすぐ防水スプレーをかけておく。水分だけでなくホコリや泥汚れもはじいてくれるのでお手入れがラクになります。
  • お手入れに使用するクリームや防水スプレーは、必ず「皮革製品用」を使います。スニーカー専用でなくても、パンプスなどに使うものと同じものでOK。

【普段のお手入れ手順】
ホコリや泥をおとす

ホコリや泥をおとす。念入りにするなら紐もはずして!

1:柔らかい布やブラシで泥やホコリを落とします。画像は靴用ブラシ。布を使う場合は、使い古した柔らかい綿シャツがおすすめです。
 
おお

画像では紐をはずしていますが、ムリにはずす必要はありません

2:皮革用クリームを塗り、栄養補給と艶出し、保湿。柔らかい布を使ってまんべんなくのばし、その後余分なクリームを落とします。落とす時に使用するのはタオルでも布でもブラシ(靴用の柔らかいブラシがおすすめ)でもOK。
 
磨いて艶が出てくると気持ちよいですね。運気もUPしそう!?

磨いて艶が出てくると気持ちよいですね。運気もUPしそう!?

3:仕上げ拭き。専用クロスか、古布(柔らかくて強度のあり、長細い布がおすすめ)で強めにキュッキュッと磨き上げます。靴を履いた状態で拭くと力が入れやすいです。古ストッキングを使い、両端を持って左右に動かしながらの仕上げ拭きもおすすめ。
 

4:防水スプレーをかけて汚れ防止。靴から20cmくらい離して全体にまんべんなくかけ、しばらく風通しのよい場所で乾かします(乾いてから再度スプレーをするとより強力に)。
 

天然皮革スニーカーの汚れがひどい時のお手入れはどうする?

天然皮革は水を使ってゴシゴシ洗うと傷むのでNG。皮革用クリーナーで拭くほか、ひどい泥汚れには専用の靴用シャンプー剤を使う方法も。水で湿らせてシャンプーし、洗い流して拭きます。

いずれも洗った後は、靴の中に新聞紙(インク移りが気になる場合は白い紙などで包んで)を詰めて型を整え、風通しのよい日陰でしっかり乾かしてから、クリームを塗って撥水スプレーをかけて仕上げます。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。