「紙かWebか」から「紙もWebも」の時代へ

Web社内報が登場した10数年前、社内コミュニケーション・メディアは印刷社内報(以下、社内報)であるべきか、Web社内報であるべきかという二者択一の議論がされていました。しかし、それぞれのメディアの特性が分かるにつれ、社内報もWeb社内報も両方必要である、という議論になってきました。
Web社内報を閲覧している姿

「紙もWebも」の時代へ



いまでは多くの企業で両方のメディアが存在するようになっています。しかし、それぞれのメディアの存在意義が不明確であったり、同じようなコンテンツが掲載されていたりと、必ずしも効果的なメディア・ミックスがされているとは言い難い状況が散見されます。

多くの社内報ご担当者の悩みである紙とWebのメディア・ミックス。どのように考え、進めていけばいいのでしょうか?

メディアの存在意義を明確にすることから

メディア・ミックスだけの問題ではないのですが、何らかのメディアを発行する際は発行目的を明確に打ち出すことが大切です。どのような目的を持って、どのような記事を掲載していくのかを明示することです。特に社内メディアは、自らがお金を支払って読むものでもないし、読まなくとも仕事はできます。発行目的を社内にアピールして読んでもらうような取り組みが必要となります。

メディア・ミックスにおいては、メディア間のコンテンツのすみ分けをして発行目的をアピールしていきます。なぜなら、同じようなコンテンツが掲載されていれば、どちらかは不要であるという議論が必ず巻き起こりますし、どちらかの閲読率は低下していきます。すみ分けを考えつつそれぞれのメディアで何がしたいのか、その存在意義をまずは明確にしていきましょう。