細かいところが気になりだすと……

何かが、微妙に違う……

一見普通に感じる紳士靴でも、じーっと眺めると意外な仕様になっている場合って、結構あるものです。例えばこの靴、一般的な内羽根式の靴とは、なんか微妙に違う印象ですが、それはどこから来るのかな?

日頃何気なく見ている紳士靴。いざ買おうと候補を絞り出すと、あるものと別のものとではほぼ同じスタイル・同じシェイプなのに、どうも見え方が微妙に違うなぁ…… そんなちょっと腑に落ちない経験をお持ちの読者の方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

婦人靴に比べ、マナーと言うか一種のお約束事が数多く存在するのが紳士靴の宿命。だからこそ仕様のほんの僅かな差が、個々の靴が有する雰囲気の差に大きく結び付くわけです。ただ、そんな細かな部分、紳士靴のディテールって意外と名称が知られていないので例えば購入時に店員さんに説明したくてもできなかった経験、こちらもまた案外多いのではないでしょうか?

と言うことでお悩みだった皆さん、お待たせいたしました。今回から「これ、普通のものと一体、何がどう違うんだ?」を解説してゆくシリーズを始めます。名称と共に一般的なディテールと比較できるような写真を載せるのを通じ、どう見映えが異なるかを簡潔かつ明瞭にお伝えできればと思っています。まあ、挙げてゆくとキリがない可能性もありますが、そこはどうかお手柔らかに願います。


と言うことで最初は、結構目立つあのパーツから