あごニキビにはビタミンC その理由は?

あごのニキビは赤みを帯びたニキビ跡ができやすいのが特長です。ニキビができたら、化膿させない、赤みを残さない、赤い跡ができてしまったら早くめだたなくさせる、という3つの点を重視しています。そのためには「ビタミンC」や、「ビタミンC誘導体」を配合した化粧品でケアをするのがおすすめです。

「ビタミンC」や「ビタミンC誘導体」は、肌に塗布すると、過剰な皮脂を抑制して、毛穴を引き締めるのでニキビができにくくなります。さらに、色素沈着を防ぐのでニキビ跡対策にもなり、抗酸化作用も認められている万能成分です。ビタミンCやビタミンC誘導体配合の化粧品は、数年前まで、開封したあとは冷蔵庫保存をしたり、浸透性がよくなかったりしたのですが、最近は研究がすすんでいます。コスメを選ぶときは、安定性がよいものや、肌への浸透がよいものを選んでみてください。


ビタミンC誘導体配合の化粧水

シーボディ VC ローション

シーボディ VC ローション

シーボディ
VC ローション
150ml 8000円(本体価格)

毛穴ケア・ニキビケア用のビタミンC誘導体配合の化粧水。毛穴をひきしめ、ニキビを修復・予防する。ビタミンA・E誘導体・サリチル酸・5種類の植物性エキスも配合しているので、保湿効果やターンオーバーを整える効果もあり、複合的にニキビができにくい肌質に。驚くような浸透力のあるローションで、あごや口周り周辺の乾燥が気になる箇所にも肌の奥まで浸透していきます。アルコールフリーなので、ニキビができている箇所でも刺激がなく、安心して使えます。

肌のお守り、ビタミン保湿ジェル


セルキュレイト カロチーノジェル

セルキュレイト カロチーノジェル

セルキュレイト
カロチーノジェル
60g 5800円(本体価格)

美肌効果の高い天然カロテンを中心に・ビタミンE ・コエンザイムQ10・ビタミンCを配合した保湿ジェル。デリケート肌でも使え、肌の免疫力を高める効果があるので、季節の変わり目などの肌荒れが気になるときや、体調不良による肌力の低下のときに。これ一つで潤うので、「いろいろ重ねてつけるのが不安」というときにも活躍してくれるお守りのような存在。


最新のピュアビタミンCパウダー


ビタブリッドundefinedCundefinedフェイスundefined

ビタブリッド C フェイス 

ビタブリッド C フェイス 
3g 6200円(本体価格)

ハリと透明感があふれる肌に導くビタミンC パウダー。ビタミンCとミネラルパウダーで構成されているパウダータイプで、使用の際は水に溶き肌に塗布します。純粋なビタミンCを12時間効果的に肌に届けることができる最新技術が生かされています。肌への浸透もよく、冷蔵庫保存も不要なので、既存のビタミンC配合化粧品が扱いにくい、と感じている方にもおすすめ。


また、仕事や私生活でのストレス対策ですが、これは自分なりのストレス解消法をさぐっていくしかないのですが……個人的には、ヨガやピラティスなどの適度な運動をしたり、自宅で不要なものを処分したり、大掃除したりして、ストレス解消をしています。「ストレス解消しなくちゃー」と意識すると逆効果なので、何事もほどほどにを心がけています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。