名古屋ニューウェイヴ

ガイド:
ikenairockfes2

第2回イケナイ大人達の、イケないロック・フェスティバル!

先日は、名古屋でのHIKOS!主催のイベント「第2回イケナイ大人達の、イケないロック・フェスティバル!」およびその前夜祭、ご苦労様でした。1年ちょっと前、HIKOS!のHIKOさんには神戸に来て、幻の名古屋発ニューウェイヴ・バンド、PVLN時代の話とか色々して頂き、今回このような形でサエキさんもイベントに参加されるとあり、ぜひ見に行きたかったのです。もちろん、つボイノリオさんの「金太の大冒険」を生で聴けて満足しました。本題に入る前にちょっとお訊きしたいのですが、80年代名古屋のニューウェイヴ・シーンとかサエキさんはご存知でしたか?

名古屋発PVLNからHIKOS!まで (All Aboutテクノポップ)

 

サエキ:
それは良い質問です。80年代名古屋ニューウェイヴの人達、なぞなぞ商会、PVLN、そしてぶどう÷グレープの先祖であり、ながい÷グレープの最初期のショッカーズ(中村達也参加)については、ごく最近知ったのです。ショッカーズは再結成のライヴを数年前に新宿で見ました。なぞなぞ商会は、往年のビデオを見せてもらいました。そういう機会を持てたのも、彼らが粘り強いからです。当時知りませんでしたが、それらは、80年代において、個性的なニューウェイヴ音楽をやっていたと思います。スタークラブもDRIVE TO 2000(1999年に開催)に出てもらってますが、個性のあるバンドだと思いました。どのバンドも「クセが強い」です。

 

ロックの闘い

ガイド:
rocknotatakai

ロックの闘い1965-1985

前夜祭のサエキさんのトークでは、近著『ロックの闘い1965-1985』の中でも書かれているポール・マッカートニーについてのお話、とても興味深かったです。僕自身、サエキさんとはほぼ同世代でビートルズ、特にポールが音楽の入口だったので、サエキさん独自の視点で一般に評価されていない作品の意義を紐解かれたのには大変共感します。サエキさんは当時、ポールの『MaCartney II』は、その意義はさておき、好きなアルバムだったのでしょうか?

ロックの闘い1965-1985 (amazon.co.jp)

 

サエキ:
もちろん、好きではありませんし、理解できませんでした。YMOに比べても、レベルが低すぎる。「Coming Up」とか「Waterfalls」等を除いて、ですよ。しかし、研究を進めるうちに、このアルバムのポール史、いや、ポップス史における壮大な意義に気づいたわけで。それは『ロックの闘い1965-1985』全体を読んでいただかないとわかりません(笑)。間違いのない史的事実として理解できるはずです。

ニューウェイヴほぼ30周年祭

ガイド:
newwavehobo30

ニューウェイヴほぼ30周年祭

では、本題に入ります。今回、Solid Recordsから3枚のアルバム、『サエキけんぞうPRESENTS ハレはれナイト+7』『ソリッドレコード 夢のアルバム+2』『若さ、ひとりじめ+10』(by 加藤賢崇)が復刻されました。各々のアルバムについてお話を伺うつもりですが、サエキさんには特に最初の『ハレはれナイト』の復刻版について根掘り葉掘り訊きます。「ニューウェイヴほぼ30周年祭」とも連動する、未発表音源も多いこの3枚のアルバムを復刻するに至った理由は?

 

サエキ:
ウルトラヴァイブでは、チャクラ2枚、『ミクパンク ミッド・エイティーズ・オン・キャプテンレコード』、ポータブル・ロック『ビギニングス+5』、Boogie theマッハモータース『電波胎動』を「ニューウェイヴほぼ30周年」シリーズとしてリリースしております。それらは好調な売り上げを示しています。ですから今回も「ニューウェイヴほぼ30周年」の一環としました。発売から25年なんで、ほぼ30周年といってもギリギリの四捨五入ですが。そして賢崇君のは23年後、『夢のアルバム』は歌謡曲アルバムですけど、上野耕路君や沖山優司君参加ってことで。

サエキけんぞうPRESENTS ハレはれナイト+7 (amazon.co.jp)
hareharenight

ハレはれナイト


01. カーマ・スートラで踊ろう / インド大話術団
02. エヴァ エヴァ ペー / ハイポジ
03. クマゴロウ二号 / コンスタンスタワーズ
04. Special Age / ビスケットホリック
05. テクノロジーさん晩年の頓服 / EXPO
06. ベッドタウンの夜は更けて / 戸川純+インド大話術団
07. Golden Bug / PHONOGENIX
08. トラブルウエスターン / ミンカパノピカ
09. インド人との対話 その1
10. A Bao A Qu / SYZYGYS
11. Sweet Little Pretty Baby Doll / クララ・サーカス
12. A'nsoloid 1・2・3・4 / はい島邦明(「はい」はくさかんむりに「配」)
13. 家族旅行 / もすけさん
14. インド人との対話
15. 虹色仮面 / きどりっこ
16. SPICE / 北川晴美+インド大話術団
17. インド人との対話 その3
18. バーゲン / 東京タワーズ
19. コーヒー飲みたい / 藤井邦夫
<ボーナストラック>
20. カーマ・スートラで踊ろう~FUNKOT MIX~(remixed byうどんゲルゲ)
21. Tac Os Umi / EXPO
22. 三十路の小娘~オリジナルデモバージョン / もすけさん
23. Fauna Grotesque / SYZYGYS
24. comodita / EXPO
25. 家族旅行~ライヴ・バージョン / もすけさん
26. クマゴロウ二号~コンボバンドバージョンinst / コンスタンスタワーズ

サエキけんぞうPRESENTS「ハレはれナイト+7」 (YouTube)