花の季節は絶景! 滝野すずらん丘陵公園

すずらん公園のチューリップ

丘陵地帯に広がるチューリップ畑

札幌市内にある絶景公園。まずは、札幌中心部から車で南へ30分ほど行ったところにある「滝野すずらん丘陵公園」をご紹介しましょう。こちらは、北海道で唯一の国営公園で、総面積はおよそ397ヘクタール。東京ドーム84個分もの広さを誇ります。敷地内は、四季折々のお花を楽しめる「中心ゾーン」、キャンプができる「滝野の森ゾーン」、美しい滝が点在する「渓流ゾーン」に分かれていて、子どもから大人まで1日中楽しめます。

カントリーガーデン

春から秋にかけてが花の見頃

なかでもガイドがおすすめするのは、中心ゾーンにある「カントリーガーデン」。北海道ののどかな田園風景を再現したというガーデンには、チューリップやすずらん、コスモスなどの色とりどりの季節の花から、ブルーベリー、ソバ、ホップといった北の大地ならではの作物まで育てられていて、春から秋にかけてさまざまな表情を見せてくれます。

 遊び心を刺激する遊具がいっぱい!

こどもの谷の遊具

子供たちに大人気のフワフワエッグ

カントリーガーデンの隣に位置する「こどもの谷」は、小さなお子さんも思いっきり遊ばせることができる場所。ダイナミックでちょっと不思議な形をした遊具や、生き物の巣をモチーフにした遊具など、ほかでは目にしたことのないユニークな遊具に子どもたちは大興奮間違いなしです!
こどもの谷の遊具

森林浴しながら遊べる空間



空気で膨らんだ膜の上で飛んだり跳ねたりして遊べる「フワフワエッグ」や、こどもの谷のシンボルタワー「あり塚の塔」、溶岩をイメージした巨大な滑り台など、子どもたちが自然と触れ合うきっかけを与えられるような楽しい遊び場がいっぱい。また、「森のせせらぎ」では夏になると水遊びも楽しめます。

滝野すずらん公園MAP

散策の際は公園MAPを参考に(C)滝野すずらん丘陵公園

公園内にはこのほか、日本の滝100選に選ばれた「アシリベツの滝」など4つの滝のある「渓流ゾーン」や、森を見て、知って、学んでもらう「滝野の森ゾーン」というエリアも。この「滝野の森ゾーン」では、森を巡る森林ガイドツアーや、間伐材を利用した体験プログラム、自然素材を利用した環境教育プログラムなどもあり、キャンプも可能です。

とにかく広い公園ですので、公園マップやホームページを参考に、事前に目的を絞ってお出かけされた方が良いですよ。森のみずみずしい空気と小鳥のさえずりが心地良い、札幌市内のオアシスです。観光のルートに組み入れてみてはいかがでしょうか?

<DATA>
滝野すずらん丘陵公園
住所:札幌市南区滝野247番地
電話番号:011-592-3333011-592-3333
営業時間:9:00~17:00
但し、夏季(6月1日~8月31日)は18:00まで、冬季(12月23日~3月31日)は16:00まで
入園料:大人(15歳以上)410円、小人(小・中学生)80円、小学生未満は無料、シルバー(65歳以上)210円
アクセス:(車の場合)札幌中心部から約30分
(公共の交通機関)地下鉄札幌駅から南北線で真駒内駅下車 中央バス滝野線にて35分「すずらん公園東口」下車
ホームページ:www.takinopark.com/
地図:Yahoo!地図情報