前回の記事では切手入門書について解説しました。本を読んで切手に詳しくなり、切手を買いに行きたい!珍しい切手を見てみたい!という気持ちが湧いてきた方は、実際に切手イベントに出かけることをオススメします。今回は都内で行われている切手イベントを例にあげながら、その見どころを紹介していきたいと思います。

どんな切手イベントがあるのか?

都内で開催される規模の大きな切手イベントとしては、「スタンプショウ」 「全日本切手展」 「全国切手展」という3つの全国規模の切手展がまずあげられます。

スタンプショウ2014の入口

スタンプショウ2014の入口(東京・浜松町)

「スタンプショウ」が初心者でも気軽に楽しめる切手展というコンセプトなのに対し、「全国切手展」「全日本切手展」はどちらかというと専門収集家たちのコレクション発表の場、という性格が強い切手展ですが、もちろん一般の方にも楽しんでいただけるコンテンツも数多く用意されています。

スタンプショウ2014

スタンプショウ2014の開会セレモニーの様子(東京・浜松町)

また、毎月のイベントとしては、第1土曜(変則開催あり)開催の「切手市場」があります。「切手市場」は気軽な切手販売の場で、いわば切手に特化した「蚤の市」です。専門の切手ショップとはまた違った雰囲気で、価格重視で切手を購入したい人にはピッタリです。

切手市場

切手市場の光景

「スタンプショウ」・「全日本切手展」・「全国切手展」・「切手市場」と、それぞれ都内で行われる切手イベントの特徴を次の表にまとめてみました。

切手イベントの比較

切手イベントの比較・◎(にじゅうまる)は初心者もたのしみやすくオススメの内容です。ぜひ参考にしてください。


その他の切手イベントを探すには

(公財)日本郵趣協会のサイトには、ほとんどの切手イベントを網羅している告知ページがあります。全国各地で様々な切手イベントがありますので、気になるものを選んで参加してみましょう。

また、ちょうど「切手市場」の関西版にあたるのが、「大阪駅前第3ビルバザール」です。主催するジャパンスタンプ商会のサイト(⇒トップ画面からバザール情報をクリック)に開催日時や出店情報などがアップされますので、ご覧ください。

次のページでは、切手イベントの楽しみ方について、それぞれ紹介してみたいと思います。