古き良き租界の面影が残るビストロ

Le Seleya

カジュアルなのに、とってもスタイリッシュな店内の様子。床のタイルが場所を彩っています!


発展の早い上海では、「あのレストラン、ちょっと前にオープンしたばっかりなのにもうないね」というくらい回転率が高く、なかなかご贔屓のお店をつくりにくいもの。今回ご紹介するフレンチビストロ「Le Saleya(ル・サレヤ)」は、そんな上海の中でも2003年のオープン以来、10年以上の歴史があり、「本格的カジュアルフレンチを食べるならここ」と、特に上海在住のフランス人に支持されている人気店です。

場所は旧フランス租界の中心にあり、1900年代初頭に建てられた老房子(古い洋館)をリノベーションしたフレンチスタイルで、店内にも多くのフランス人従業員やお客さんがいるので、まるでフランスのどこかにワープしてしまったかのような気分になります。でも実は、これも上海ならではの光景で、自然にフランス文化が溶け込んでいるのもこの街の特徴の1つなのです

Le Saleya

前菜3種類、目で見ても美しい!そして本当にフレッシュ。

そんな「Le Saleya」ですが、さらにビストロを盛り上げるためにと2014年1月より、シンプルかつオリジナリティあふれる料理作りの天才、シェフ・Philippe Charon氏を迎え、メニューが一新。新生「Le Seleya」として、生まれ変わりました。黒板に書かれたメニューは、その日、手に入る一番フレッシュな素材を活かしながら、シェフの気分に合わせてデイリーに変更されるそう。



おススメメニュー

Le Saleya

メイン3種類も、個性的な盛り付けについついカメラを向けてしまいます

今回みなさんには、私がトライしたとっておきのディナーメニューを紹介します。まずは前菜に生ハム(スパニッシュコールドカット260元)、そしてホタテとウニのカルパッチョ(95元)、フレッシュツナのパプリカサンド(90元)、サーモン・ア・ラ・ジャポネーゼ(85元)を、そして、メインには、サックリングピッグのクリームソース添え(175元)、鴨のマッシュポテトパイ(185元)、そして、ロブスタービスク添え鱈のムニエル(180元)を。
見た目は もちろんのこと、どれもこれも新鮮 で個性的、それぞれの素材の味がしっかりと際立つ味付けがされています。

Le Saleya

お腹いっぱいでも食べれてしまう、フレンチデザート、甘さも控えめで日本人の口に合います。

続いて、デザートには“パリ・上海(50元)”と名付けられた、プラリネクリーム入りドーナツ型のエクレアと、ホイップクリームをたっぷり乗せたキャラメリーゼ・サバラン(50元)そして、最後はコーヒーでなくシャンパンで。シャンパンは決して食事の始めだけに飲むものではなく、いつのタイミングでもよいのだ、という発見もあり。

もっとリーズナブルに、という場合にはランチがおススメです。ランチメニューは、前菜とメインの2品コースが110元、それにデザートがついた3品コースが130元、のセットが用意されています。前菜メニューには、エスカルゴやフォアグラなど、メインには、サーモンタルタルやフィレステーキなど、そしてデザートには、クレームブリュレ、タルトタタンなどが。まさにフレンチの王道メニューが勢ぞろいしています。

Le Saleya

最後にいただくシャンパンは格別!確かに身体がクリーンになっていくような?

ちなみに「Saleya」とは、南フランスの方言で“太陽”を表わし、現地には「Saleya」と名前がついた、まるで連日がお祭りのように賑わうマーケットがあります。「太陽のように明るく楽しく、そしてマーケットのように多くの人がいつも訪れるように」、そんな思いでつけた店名だということです。

特に、春先から秋口にかけては、広々としたテラスに腰掛けるのが心地いいです。観光で中華料理に飽きたら、ぜひこの店に。フレンチワインと楽しい食事の時間を堪能してみてください。

<DATA>
■ル・サレヤ
住所:長楽路570号
電話:021-6426-1262
営業時間:火~金: 11:30-14:30/18:30-22:30 土~日:11:30-15:00/18:30-23:00
アクセス:地下鉄1号線「陜西南路」より徒歩10分


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。