今日はコレにしようと選んだ服がパツパツで着られない!出掛ける直前のショッキングなできごとに、憂うつな1日になったという経験はありませんか?この衝撃をバネにダイエットを決意!まずは、クローゼットの扉を開けて点検しましょう。


1.痩せたら着る服がダイエットを阻む

今まで着ていた服がサイズ違いになっていた。そんなときに、服の整理ができていない自分に気づく人は殆どいません。実は、自身の変化とクローゼットの収納は深く関わっているのです。
ダイエットのためにクローゼット整理

着てみて動いてみてサイズをチェック。着られるはずはNG

よく着ている服であれば、「あれ?ちょっと窮屈」と感じるはず。しばらく着ていなかった服だから、ある日突然にサイズが合わないことにがく然とするのです。体重ではなく体型が変わったせいかもしれません。ここで反省したいのは、そのことに気づかないくらい、服とご無沙汰してしまったことではないでしょうか。

自分の体型に気を配るのと同じレベルで、服の整理にもしっかりと取り組むことが大切。「痩せていた時の服を捨てたらダイエットに成功した!」という話を耳にします。クローゼットに「痩せたら着る」服を眠らせていると、いつまでたっても痩せられないようです。
目標を達成したら、それにふさわしいお気に入りの新品服を手に入れる。それを励みにダイエットを続けるのが、精神衛生上も良いということです。