タイガー「土鍋IH炊飯ジャー 炊きたてミニ JKM-G550」

小容量&高性能炊飯器

「火かげん」が選べたり、「GABA増量」など、個性的なモードが特徴

タイガーの象徴とも言える「土鍋釜」を採用したコンパクトモデル。土鍋の高い蓄熱性を生かして沸騰が続く独自の炊飯方式により、高温でおいしく炊き上げます。他のメーカーにあるような上質炊きモードはありませんが、火加減を4段階から選べたり、4~5時間かけてGABA量を増やす「GABA増量」など独自の炊飯モードがあるのが印象的です。

 
小容量&高性能炊飯器

底部分に “おこげ”がつき、土鍋ならではのご飯が楽しめます

4段階の火加減で“おこげ”のつき方が変わります。例えば、火加減「弱」でも薄く“おこげ”が着き、土鍋らしさが感じられるのはタイガーならではと言えるでしょう。しかし、うっすらでもお焦げがあると香りが強くなるので、長時間の保温は避けた方が得策。まとめて炊くより、その都度食べ切れる分を炊く人に向くタイプです。

 
小容量&高性能炊飯器

ベーシックなデザインと色味で、やや生活感が漂う

操作パネルがクリアで見やすいことや、食卓に持ってきた時など電源コードに足をひっかけても安全なように、磁石式コンセントになっているなど、細かな配慮が行き届いているのは高評価なのですが、デザインはよくあるベーシックなヘルメットタイプ。色も含めて洗練されたというデザインではないため、もう少し高級感が欲しいところ。オシャレなインテリアを望む若い世代よりは、安心感のあるデザインを好むシニア世代に支持されるタイプかもしれません。

※メーカー製品サイト:タイガー「土鍋IH炊飯ジャー 炊きたてミニ JKM-G550」

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。