神田駿河台の一角に

学生で賑わう御茶ノ水もニコライ堂を過ぎて路地を入ると個性的な飲食店が軒を連ね、なんとなくモダンな昭和の空気を感じるのはたまたまなのだろうか。その中でこじんまりと灯りをともすクルル。2年前に世田谷は梅ヶ丘からお茶の水に引っ越してきた理由が面白い。
クルル

赤い看板が目印だ

「梅ヶ丘時代のお客様って都心から来て下さる方が結構多かったんです」シェフははにかみながら話す。
梅ヶ丘は、かの美登利寿司で有名だが、高級住宅街にしては食べるところが少なく、どうも飲食店としての立地としてはふさわしくないところなのかもしれない。ただ、その中でもクルルのカウンターは遅くまで埋まっていたし、そもそも8年もの間営業を続けてきた実績がある。
クルル

食欲を高める黒板メニューも

ホームページをご覧いただくとゆるい心地よさが伝わるだろう。マダムに聞くとPC音痴ながらなんとか独学で作ってこられたとのこと。梅ヶ丘時代は忙しいときにお手伝いに入るくらいだったマダムは今やソムリエの資格どころかチーズプロフェッショナル資格を持つまさにプロ。漫画家時代の能力を見事にキャリアシフトした生き方はいろんな意味で参考になるのではないか。

アラカルトでいこうか、と思っているとシェフから「2900円のプリフィクスをぜひ」と勧められる。最近フランスを旅したときに意外とプリフィクスが人気で、それを応用し、足りなければアラカルトを追加というパターンを勧めているようだ。
クルル

小さな店内には心地よい氣とおいしい料理の香りがたっぷり