前回の記事と今回の記事で取り上げているテーマは、「司法書士と裁判」です。司法書士が裁判と関わるには、以下の2つの方法があります。

1. 裁判書類作成
2. 訴訟代理


司法書士と裁判

司法書士と裁判



上記の表の違いから、前回の記事では「1.裁判書類作成」についてご説明しました。そこで、今回の記事では、「2.訴訟代理」についてご説明します。


「裁判書類作成」業務を行うために合格する必要がある試験

裁判書類作成を業務として行うために合格する必要がある試験は、司法書士試験のみでした。それに対して、この訴訟代理を業務として行うために合格する必要がある試験は、司法書士試験に加え、「簡裁訴訟代理等能力認定考査」というものです。これは、例年6月に行われます。また、この簡裁訴訟代理等能力認定考査を受けるには、特別研修という研修を受ける必要があります。合計100時間にわたるもので、1月末~3月初旬にかけて行われます。

まとめると、訴訟代理を業務として行うためには、以下の過程を経る必要があります。


司法書士試験から簡裁訴訟代理能力認定考査

司法書士試験から簡裁訴訟代理能力認定考査



上記の過程を経て、簡裁訴訟代理等能力認定考査に合格することで、認定司法書士(訴訟代理を業務として行える司法書士)となることができるようになります。