カナダ屈指のドライブコース! ケープブレトン島

ドライブの醍醐味を心行くまで味わえるルート (C) Wally Hayes

ドライブの醍醐味を心行くまで味わえるルート (C) Wally Hayes

紅葉の美しさも折り紙付き!(C) Wally Hayes

紅葉の美しさも折り紙付き!(C) Wally Hayes

大西洋に沿って走る海岸線のドライブルートは、カナダのみならず、北米全体でも屈指の道路で、車のCMに利用されること数知れません。また、この地域は紅葉がひときわ美しい場所としても知られており、9月下旬から10月上旬にかけての風景は、紅葉のルートとして名高いメープル街道にも引けを取らないほど! 特に自分でレンタカーで観光できる人には、強力におススメしたいエリアです。

 


世界遺産、ジョギンズの化石の崖群

干満の差が激しいファンディ湾に面する化石の崖。その潮の満ち干きの影響で、常に新しい壁面を露出 (C) Wally Hayes

干満の差が激しいファンディ湾に面する化石の崖。その潮の満ち干きの影響で、常に新しい壁面を露出 (C) Wally Hayes

約3億年前にあたる石炭紀の化石が見られる場所で、その化石には世界最古と言われる爬虫類の化石など、世界的にも貴重なものが数多く発見されています。その自然科学上の重要性から、2008年にユネスコ世界遺産の自然遺産に登録されたのも、納得です。

崖をしっかり見るなら、干潮時がベスト。満潮時では、崖のそばまで行くことも難しいので、事前に潮の情報をチェックしましょう。

<DATA>
Joggins Fossil Cliffs
アクセス:ハリファックスから車で3時間30分。この場所だけを目的にするなら、お隣ニューブランズウィック州のモンクトンが便利。モンクトンへはトロントやモントリオールからのフライトもあり、モンクトンからこの場所へは1時間30分ほどの移動距離
入場料:無料。化石センターや英語でのツアーに参加する場合、10.50カナダドル
化石センター開館時間:4月下旬~5月と9・10月10:00~16:00。6~8月9:30~17:30。それ以外の時期は休館

世界最高の干満の差!ホープウェルロックス

干潮時は岩の周囲の散策も可能 (C) CTC

干潮時は岩の周囲の散策も可能 (C) CTC

ファンディ湾の奥に位置するこの場所は、潮の満ち引きの激しい場所で、その差は最大15mに! この場所にある岩がホープウェルロックスと呼ばれ、その激しい潮の流れで、非常に印象的なキノコ型に浸食されています。

その潮の満ち引きは1日2回見られますが、そんなに長く一箇所に滞在できないでしょうから、潮の時間を事前にチェックして行くのがベスト。公式サイトでは潮の満ち引きの情報を確認することができます。

干潮と満潮では、やはり海底がすべて露出する干潮時のほうがインパクトが高く、実際に岩のそばまで歩いていくことができるので、おススメです。

<DATA>
Hopewell Rocks
アクセス:ハリファックスから車で約4時間。お隣ニューブランズウィック州のモンクトンから車で40分ほど
入場料:大人9カナダドル、子供(5~18歳)6.75カナダドル ※入場料は2日間有効
開場時間:5月中旬~6月中旬、9月上旬~10月中旬9:00~17:00、6月中旬~8月下旬8:00~20:00、8月下旬~10月上旬9:00~19:00
※上記開場期間以外でも、入場は可能。ただし、博物館、ギフトショップ、カフェなどの付帯設備はすべて休業

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。