ハリファックスから足を伸ばして、一味違う観光を楽しむ!

凛とした灯台のたたずまいが魅力のペギースコーブの灯台。ルーネンバーグへの途上にあり、人気の高いポイント (C) Photographer: Scott Munn | Dec. 31. 2015

凛とした灯台のたたずまいが魅力のペギースコーブの灯台。ルーネンバーグへの途上にあり、人気の高いポイント (C) Photographer: Scott Munn | Dec. 31. 2015

カナダといえば、ナイアガラやカナディアンロッキーの知名度が高く、そちらに目が行きがちですが、大西洋側にもみどころはたくさん。特にカナダ本土最東端にあるノバスコシア州内には数多くの見どころがあり、州都ハリファックスをベースに観光を楽しむことができます。

今回は、そんなハリファックス周辺で、ここは見ておくべし!というポイントをまとめました。

ハリファックスと周辺の見どころとの位置関係

ハリファックスと主な見どころ。車がないとアクセスの難しい場所が多数 (クリックで拡大)

ハリファックスと主な見どころ。車がないとアクセスの難しい場所が多数 (クリックで拡大)

カナダの州は単独でも日本の面積より大きなものが珍しくありませんが、ハリファックスのあるノバスコシア州は北海道の3分の2ほどの面積と、カナダの州としては、かなりコンパクト。そのためすべて陸路で移動で問題ありません。ただ、一番近いルーネンバーグでは片道1時間半ほどの距離ですが、その他のポイントに行くには最低でも3時間を要します。道中は風光明媚な道路も多いので、自分でレンタカーを運転できる人なら、素晴らしいドライブ旅行になること間違いなし!

運転できない人でも、現地には日系の旅行会社もあるので、日本語でのオプショナルツアーや、オーダーメイドのツアーの依頼も可能です。

<DATA>
PEIセレクトツアーズ
プリンスエドワード島が本拠地の会社ですが、ハリファックスを始め、大西洋沿岸各州でのオプショナルツアーや旅行手配も可能。

世界遺産ルーネンバーグ旧市街とライトハウスルート

水辺の美しい旧市街、ルーネンバーグ

水辺の美しい旧市街、ルーネンバーグ

世界遺産に登録されているルーネンバーグは、ハリファックスからハイウェイで直行すると、1時間半ほどの距離。ただ、高速道路を通らずに海岸線沿いのルートを通ると、灯台や美しい海岸線などが見られ、非常に風光明媚な、通称「ライトハウス(=灯台)ルート」として知られています。往路にはこの海岸線のライトハウスルートを通って、ルーネンバーグへ行き、帰りは高速道路で直行するという日程が、ハリファックスからの1日観光コースの定番です。

ルーネンバーグ旧市街とライトハウスルートについては、カナダの世界遺産の記事(リンク先記事の一番下が該当)をご参照ください。