コタキナバルでインド料理を食べるなら
スリラタ カリーハウス

カレー

バナナリーフのチキンカレーセット。飲み物はテータリッと呼ばれるミルクティーをアイスで。インド系の方は手で食べますが、スプーンやフォークもテーブルに用意されています

コタキナバルのあるボルネオはクアラルンプールなどのあるマレー半島と比べるとインド系住民は少ないのですが、それでも街には沢山のインド系レストランがあります。その中でも昔から地元で評判のいいインド系食堂が「スリラタ カリーハウス」。

インド南部からの移民の多いマレーシアのインド料理はおもに南インド料理で、ここも南インド料理の流れをくむお店です。北インド料理と比べると油控えめで野菜を多用し、魚料理もあるのが特徴。

人気メニューはバナナリーフカレーのセット

メニュー

メニュー&料金表。マレーシアのインド料理の代表的なメニューを網羅しています

このお店の一番の人気メニューはバナナリーフカレーセット。バナナの葉っぱの上に店員さんがご飯や各種野菜のおかずやチャツネ、カレーを手際よく盛っていきます。メインのおかず(チキン/フィッシュ/マトン/イカ/エビ)を選べて、スープとパパダムと呼ばれるパリパリのおせんべいが付いて、なんと10.5~11.5リンギット(350円程度)! メインのおかず無しのベジタブルバナナリーフカレーセットならたったの5.5リンギット(170円程度)! 野菜のおかずやご飯はお替わり自由で、この安さとボリュームも人気の理由です。

もちろん味も本格的。どれを頼んでも外れなく美味しいのですが、大人数なら、ベジタブルバナナリーフカレーを人数分頼んで、大皿料理のフィッシュヘッドカレーをみんなでシェアするのもいいですね。

バナナリーフカレーは結構辛くて量も多いので、辛いのが苦手な方やあまりお腹が空いてない方はチャパティ(小麦粉生地を薄く焼いたパン)やロティチャナイ(チャパティよりソフトで軽め)、トサイ(米粉の生地を発酵させて焼いたクレープ)などのパン系軽食メニューを試してみて下さい。

店内の暑さやカレーの辛さを和らげるため、ドリンクは冷たいものがおすすめ。ここのマンゴーラッシー(6リンギット)も濃厚で美味しいですよ。

お店の場所は山側のバンダラン地区

店

よく探さないと見過ごしそうな地味なお店です。白地に青の外看板が目印。隣はQQストアというコンビニエンスストア

街の中心部からは外れたちょっとわかりにくい路地にあるのですが、ホテルシャングリラからすぐ近くで、ホテルのエントランスを出て右手、2本目の路地に入ると看板が見えてきます。

街の中心のセンターポイントからだと徒歩15分程度。シーフードのスリスレラカンポンアイルの前を通り過ぎて正面に見えるファストフード店marrybrownの裏です。17時閉店なので、朝食や昼食にどうぞ。

<DATA>
■Sri Latha Curry House
住所:No.28, Jalan Berjaya, Ground Floor, Bandar Berjaya, Kota Kinabalu
電話:088-253669
営業時間:7:00~17:00 不定休
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。