PS4はそれからどうなった

PS4の図

発売直後はまずまずの立ち上がりだったPS4。その後はどうなったんでしょうか?

発売直後、ゲーム業界ニュースではPlayStation4(以下PS4)のスタート時の販売台数について、他の次世代機と比較してお伝えしていました。

【関連記事】
PS4の初週を、Wii U、3DS、PSVitaと比べて考える(AllAboutゲーム業界ニュース)

初週の販売台数は約32万台。実は、ニンテンドー3DSも、PS Vitaも、Wii Uも、初週は30万台代で、大きくは変わりません。発売と同時に買うコアなファンがどのハードにも30万人ぐらいはいる、ということになります。そして、その後需要が一巡すると、これまたどのハードも停滞していることから、PS4についても、発売直後の盛り上がりから垂直立ち上げが狙えるというよりは、その後の伸び悩みの懸念の方が大きいということをお伝えしていました。

今回は、発売から2か月ほど経って、PS4が結局どうなっているのか、というお話です。比較対象として、同じ次世代据え置きハードであるWii Uや、PS4の前世代機にあたるPlayStation3(以下PS3)などと比べてみたいと思います。

不振のWii Uより、さらに売れていない

Wii Uの図

Wii Uも発売後、ソフトが続かず大きく落ち込んでいましたが、PS4はそれを下回っている状況です

PS4が発売されて約2か月、9週分の販売台数を見ると、約53万台。この数字が大きいのか、少ないのかということなんですが、率直に言ってかなり少ないと思われます。発売日に関しては他のハードと遜色ない順調な立ち上がりですが、その後の初期需要はさほど大きくなく、苦戦している、というのが現状です。

ライバルである任天堂が販売してるWii Uも苦戦が大きく取り沙汰されていましたが、Wii Uの発売から9週を見てみると、約77万台で、PS4の同時期を大きく上回っています。それでも現状からも分かる通りWii Uは苦戦しているわけで、PS4はそれよりもさらに苦戦している、と言うことができます。

Wii UとPS4では発売時期に違いがあり、Wii Uは12月、PS4は2月です。任天堂が年末年始に強いメーカーであることもあり、Wii Uは発売から1月頭までで一気に数字を伸ばし、その差が出た形となります。

今度はこれを、PS3と比べてみたいと思います。