PS4発売!初週は約32万台

PS4の図

いよいよ発売されたPS4!

待ちに待った新ハード、PlayStation4(以下PS4)が2014年2月22日に発売されました。発売初週、発売が土曜日となりますので土曜、日曜の2日間の販売台数は約32万台。みなさん、この数字を聞いてどう思いますでしょうか? 少ない? 多い?

これまで、ニンテンドー3DS(以下3DS)、PSVita、そしてWii Uと、3台の次世代ゲームハードが発売されてきました。これらのデータとPS4を比較して、本体や、そしてソフトについても多かったのか、少なかったのか、そしてそこからPS4の今後についても少し、考えていきたいと思います。

どのハードも初週は30万代台

PSVitaの図

PSVitaの時も、やっぱり同じような規模感でした

年末商戦にきっちりあわせて12月発売のPSVitaとWii U、そして時期を外した2月発売のニンテンドー3DSとPS4と、発売タイミングが異なるんですけれど、全てのハードが30万代台の数字を出していることには注目したいところです。

3DSが約37万台、PSVitaが約32万台、Wii Uが約31万台。そして、PS4が約32万台です。それぞれ、前世代機に当たる、DS、PSP、Wii、PS3が一定規模の市場を獲得していますから、それらのコアとなるユーザーが大体みんな30万規模だということが言えそうです。この人達は年末商戦なのか、時期外れなのかということも、どうやらあまり関係が無いんですね。出たら買う、そういう人達です。こうして並べてみると、PS4の数字は多くも少なくもない、きわめて妥当な数字に感じられます。

ちなみに、PS3の初週販売台数は約9万台。これは人気が無かったというよりは、本体が足りなかった為の数字でした。PS3のスタートははっきりいって、最悪とも呼べるものでしたが、そこからコツコツと積み上げ、PS4に繋げ、今度はしっかり在庫を用意して発売、約32万台ですから、そういう意味では、とても価値の高い約32万台と言えるのではないでしょうか。

次はソフトについて、さらに、今後の展開についてもお話していきたいと思います