ホーチミン旅行中、Wi-Fiを便利に活用

wifi

スマホは日本でも既に一般的に

いまや誰もがスマホを手にしている時代。日本でもスターバックスなどでWi-Fiを利用してパソコンを使用している方もよく見かけますね。

東南アジアのベトナムでも意外や意外!?、Wi-Fiを至る所で利用することができます。旅先でフェイスブック、ツイッター、ブログの更新もリアルタイムに可能。また、ホーチミンの旅行情報サイトにアクセスして、「次はどこに行こうか」と旅仲間と検討しあうこともできますね。では、具体的にどのようなスポットでWi-Fiは利用できるのかを見てみましょう!

あまり見かけないWi-Fiの看板

ホーチミンでもWi-Fiは普及しているとご説明しましたが、実際のところ「Wi-Fi無料」などといった目印はあまり見かけません。一部のレストランやファストフード店でたまに見かける程度です。では、この目印がないところはWi-Fiは利用できないのか……。実はそうではなく、逆にWi-Fiが利用できることが現地人にとっては当たり前だから、看板を掲げる必要がないのです。

Wi-Fiが利用できるスポット

wifi1

現地の人たちはスマホやタブレットパソコンをカフェやレストランに持ち込んで、長居している

ホーチミンではカフェ、レストラン、ホテルとどこでもWi-Fiを利用することができます。旅行者が観光する市内中心では、むしろWi-Fiが使えないお店を探す方が難しいほど。ただし、どこのお店もパスワードが必要となりますので、店員にWi-Fiのパスワードを教えてもらってくださいね。

また、空港でも休憩スペースやカフェでは無料で利用することができます。ホーチミンのみならず、ベトナム国内ではWi-Fiが有料のケースはまずありませんので、ご安心下さい!

 

wifi2

スマホで現地情報を収集して明日のプランに盛り込んでみても

もちろんホテルもパスワードを聞いておけば無料でWi-Fiを利用できます。多くのホテルは各フロアごとにWi-FiのIDが異なりますので、繋がりが悪いと感じたときは、別のIDにログインするといったテクニックも覚えておくと便利です。 

2013年ホーチミンに進出を果たしたスターバックス・コーヒーなど一部チェーン店では長時間居座る客対策として、一つのパスワードに対して1時間のみネット接続が有効というところもあります。時間が切れたら強制的にネットが遮断されますので、店員に新たなパスワードを貰うか、それができない場合は別のお店に移りましょう。