ダウンロードしたコンテンツ=脂肪?

デジタルの世界では、コンテンツのダウンロードは「食べ物の栄養を脂肪として溜め込むこと」に似ています。脂肪として溜め込まれたエネルギーは、いざというときにすぐに活用できます。同様に、ダウンロードしたコンテンツは待ち時間なしに、ネットの圏外でも利用できます(反対に、食べたそばからエネルギーを消費するのはストリーミングといったところでしょうか)。

そして、脂肪を溜め込みすぎるのはよくないのと同様に、ダウンロードしたものをそのままにしておくのも考えものです。特に動画はファイルサイズが大きく、パソコンの容量を圧迫します。ポッドキャストの場合、2時間近くの動画は1GBにもなるため、放っておくと大変なことになります。必要なものだけ残しておき、不要なコンテンツは削除しましょう。

1ページ:ポッドキャストを削除する
2ページ:ポッドキャストのコンテンツを外付けハードディスクにコピーする


ポッドキャストを削除する

不要な段階の順に3つ紹介します。

(1)ファイル単位で削除する
ダウンロードしたコンテンツを1個1個削除する方法です。やり方は通常のファイルと同じように、削除したいものを右クリックして[削除]を選びます。1度聴いたら十分、というときに使いましょう。
右クリックから[削除]をクリック

右クリックから[削除]をクリック


(2)自動ダウンロードを停止する
登録した番組の自動ダウンロードを一時的に停止させる方法です。番組名を右クリックして[Podcastを登録解除]を選びます。パソコンの容量が少なくなってきたから一時的にキャンセルしたい、というときに使います。自動ダウンロードを再開するときは同じ手順で[Podcastを登録]を選びます。
番組名を右クリックして[Podcastを登録解除]をクリック

番組名を右クリックして[Podcastを登録解除]をクリック


(3)番組ごと削除する
ダウンロードしたものを全て削除して、自動ダウンロードも止める方法です。番組名をクリックして[削除]を選びます。番組が思っていたほどおもしろくなく、今後も聴くつもりがないときに使います。
番組名を右クリックして[削除]をクリック

番組名を右クリックして[削除]をクリック



次ページ:ポッドキャストのコンテンツを外付けハードディスクにコピーする