重さ約460gの小型軽量モデルの決定版!

説明用画像

ニコン『D3300』18-55 VRII レンズキット


ニコン『D3300』は質実剛健、軽さより耐久性重視という同社の路線の中では、異常とも思えるほど軽量なモデルです。電池込みの重さが約460g。同じAPS-Cサイズの『D7100』は何と約765gもあるんです。もちろんセンサーサイズと画素数はほぼ同じ、厳密に言えば画素数は『D3300』の方が少し多いくらいです。軽量化の秘密はカーボンコンポジットを使ったモノコックボディの採用です。帝人が開発したSereeboと呼ばれる炭素繊維複合素材を使っています。モノコックボディはF1や航空機にも使われる強度を保ちながら軽量化できる構造です。同価格帯のライバルはキヤノン『EOS Kiss X7』になります。センサーサイズはニコンの方が大きくて有効画素数も本機の2416万画素に比べ『X7』は1800万画素。重さは『X7』は370gと軽いのですが、撮影枚数が380枚、『D3300』は700枚です。『X7』に予備のバッテリーを1個追加すると重さ406gでほぼ同等です。このように『D3300』はライバルにひけを取らない実力機なのです。

ここで説明しておきますが、ニコンのDXフォーマットとはAPS-Cサイズの意味で、FXフォーマットが35mmフルサイズのことです。DX用とFX用のレンズには互換性があり、FXのボディにDXレンズを付けると自動的にセンサーサイズがDXフォーマットに切り替わります。キヤノンの場合はこうはいきません。『D3300』には軽量化されたレンズキット用ズームレンズ『AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II』があります。一眼レフ用としては珍しい沈胴タイプで重さ約195gを実現。最短撮影距離はズーム全域で0.28mとなります。これがまたなかなか優秀なレンズです。

説明用画像

沈胴式レンズは収納時は全長が短く、撮影時は伸ばして使う


NEXT→操作画面にも一工夫