“初めての一眼”として新たな道を切り開く

CanonundefinedEOS Kiss X7i

Canon EOS Kiss X7i


今回のテスト機種は、エントリークラスデジタル一眼としてトップシェアを維持し続けているキヤノン「EOS Kiss」シリーズの最新モデル「X7i」です。初心者向けのデジタル一眼というと、簡単な操作やコンパクトなサイズ、そしてリーズナブルな価格が重要視されがちですが、このX7iは上級機に負けない機能と性能、そして高級な質感も持ち合わせた、スーパーな“初めての一眼”なのです。その実力をじっくりと探っていきましょう。

動画性能を大幅に強化

背面undefined液晶モニターサイズはワイド3.0型・約104万ドットの高精細

背面 液晶モニターサイズはワイド3.0型・約104万ドットの高精細

まず、見た目は前モデルの「X6i」とほとんど変わらず、最新のDIGIC5映像エンジン&1800万画素のCMOSセンサー、常用ISO12800(拡張ISO25600)の高感度、動画撮影時にスムーズなオートフォーカスを実現するハイブリッドCMOS AF、約5コマ/秒の高速連写など性能面のほか、バリアングル液晶&タッチパネルなど機能面も従来モデルをそのまま引き継いでいます。

 
どのような点が従来モデルから進化したのかというと動画機能の強化と最新EFレンズの標準装備、そしてクリエーティブフィルター使用時のリアルタイム表示などが挙げられます。

画質や作例については「キヤノン EOS Kiss X7i 実写画像」を参考にしてください。

次のページでは、強化されたポイントについて説明しましょう。