猫の車嫌い、どうなおす?

猫の車嫌い、どうやってなおす?

愛猫と一緒にドライブしたいのに……

環境変化が苦手な猫は、基本的にインドア派。慣れている場所を離れることに不安やストレスを感じる動物なので、ワクチンのために動物病院へ連れて行くのも一苦労という話をよく聞きます。猫の性質にもよりますが、大人になってから外出好きにするのは、なかなか難しいです。

もし将来、旅行に行くときなど猫も一緒に連れていきたいなぁと希望していて、まだ子ねこであれば今から訓練次第で車で一緒に外出できるようになれるかもしれません。今回は、子ねこを外出好きにする(できるかもしれない)方法をご紹介します。

※もともと警戒心が非常に強く、臆病な性格の猫の場合は、外出トレーニングが大きなストレスとなって、病気を引き起こす可能性があります。この子には向いていないなと思ったら、絶対に無理強いはしないでください。


ハーネスに馴れさせる

猫は頭が小さいので、首輪ではスルッと抜けてしまう可能性があります。子ねこの時から、ハーネスという前足を通すタイプの胴輪に馴れさせましょう。初めてハーネスをつけると、身体が硬直したようになり、まったく動けなくなってしまう猫もいますが、毎日5~10分程度装着してなじませます。ただし早く馴らそうと、長時間つけっぱなしにはしないでください。よけい嫌いになります。

※将来的に問題なく連れ出せるようになっても、猫がいつ何時パニックを起こすかわからないので、外出時には必ずハーネスとリードをつけましょう。
ハーネスをつけましょう

ハーネスをつけましょう


キャリーに馴れさせる

自由に動き回れる大きなキャリーの方が、猫が楽に過ごせるかと思いがちですが、慣れていない猫は、身体がちょうどフィットするか、少し狭いくらいのキャリーの方が落ち着けます。もしキャリーが大きい場合は、中に毛布やバスタオルを詰めて、猫の居住空間を狭くします。キャリーに入れるときもハーネスとリードは外さずつけたままにしてください。
キャリーケースに入れましょう

キャリーケースに入れましょう


車に馴れさせる

ハーネス+リードをつけキャリーに入れ、車に乗せます。エンジンはかけず、優しく語りかけたり撫でたりして、リラックスさせます。1週間ほど毎日、これを繰り返し、キャリーや車に馴れたら、エンジンをかけますが、車は動かしません。

その状態も1週間程度繰り返し、猫がエンジン音や振動に馴れたら、10分程度車を走らせます。スピードは控えめにし、カーブでは遠心力がかからないように注意します。これで問題がなければ徐々に車で走る時間を増やしていきます。

車を動かしてから、注意したいのは猫の口元です。車酔した猫は最初ヨダレや泡を吹いて、そのうち吐いたりオシッコやウンチをしたりします。猫の車酔いは、薬や馴れで克服するのは難しいです。ひどくなるとキャリーに入れただけでヨダレが出始めます。そうなると車で動物病院に連れて行くのすら大変になるので、車酔いすると分かったらよほど緊急性がない限り、車に乗せることは諦めて下さい。
仲良しわんことドライブです

仲良しわんことドライブです


車が平気な猫でしたら、こうして徐々に車に馴れさせていくと一緒にお出かけできるようになりますが、外に出ると、非常に緊張したり警戒したり、威嚇するようでしたら、連れ出さない方が無難です。またどんなときも絶対にハーネスとリードを放さないように。呼び戻しができる猫はいませんので、ご注意下さい。


ドライブするときのトイレや食事などについては「猫と車でドライブ、その準備とコツ」で解説しています。ぜひこちらもご覧ください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。