どんなに注意していても、身軽さにおいては超一流の猫。うっかり閉め忘れた窓や、中には器用に自分で網戸や扉を開けて出ていってしまう猫も。うちはマンションの高層階だからと油断していても、その気になれば猫はどこからでも脱出できるマジシャンです。

万が一、猫が逃げてしまった! 外出自由にしている猫が帰宅しない!? となった場合、どうやって猫を探せばよいでしょうか。

今回は迷子になってしまった猫を探す方法を考えてみましょう。

厳しいことを言えば、猫がいなくなってからの時間に比例して、戻ってくる可能性はどんどん少なくなっていきます。時間が経つと諦めてしまいそうになるかもしれませんが、どんな状況になっても、「再びあの子に逢える!」「必ず見つけ出す!」という気持ちだけは、決してなくさないでください。

「戻っておいで」「待ってるよ」

言霊はきっと猫にも伝わると信じて探しましょう。
猫も大切な家族

猫も大切な家族



猫がいなくなってすぐの探し方

基本的に室内だけで飼われている猫が外に出た場合、何かに追われ恐怖で家から飛び出した場合は別ですが、遠くまで走り去ることはめったにありません。外に出たはいいが、どうしたらいいかわからない、見たことがない風景、ニオイに恐怖を感じ、猫は身を隠す場所を探します。

本能的に、地面に近くて隠れられる場所に飛び込むことが多いので、猫がいなくなったことに気づいたら、猫が出ていった場所を中心に身体を低くして猫が隠れそうな場所を猫の気持ちになって探します。

名前を呼ぶときは、できる限り優しく控えめに。ご飯をあげる時にかける声が良いでしょう。飼い主がパニックを起こすと、それは猫に伝わります。慌てて大声を張り上げるのはやめましょう。

また、出ていった場所から戻ってくる可能性が高いので、猫が逃げた窓や戸は、防犯上の注意をしながら、猫が出入りできるように開けておきましょう。


猫が逃げて時間が経っている場合

いつ猫が逃げたかわからない、逃げてかなり時間が経っているかもしれない場合も、基本的には出て行ったと思われる場所を中心に探しますが、両隣、裏の家など周辺の家に声をかけ、捜索をお願いしましょう。こんなところには入れないだろうという場所でも、猫は頭さえ通れば身体を隠してしまえるので、一カ所ずつ隠れられそうな場所をつぶしていきます。

重点的に探す場所は、物置の下や裏、エアコンの室外機周辺、縁の下、物が置いてある近辺など。一度探して見つからなくても、猫が移動する可能性があるので、何度でも探しましょう。


探すときに持参するもの

ご近所に捜索をお願いするときに渡せるように猫のカラー写真を何枚か用意して持ち歩きます。このほか、確保するとき用にバスタオル、キャリーバッグ(もしくは猫が入る大きさの洗濯ネット)、薄暗い場所を探すときに役立つ懐中電灯、猫が好きな缶詰やおやつ、猫が使っていたトイレの猫砂などがあると役立ちます。


迷子の届けを出しましょう

猫が隠れている場所がわかれば急ぎませんが、どこにいるかまったくわからない場合は、早めに届けを出してください。

届け出る内容は、猫の身体的特徴(色、柄、大きさ、性別、しっぽの長さや形、種類、年齢、名前など)と、飼い主の住所・氏名・連絡先電話番号などの情報です。

■届け出先
・保健所または動物愛護センター
・近隣の交番(交番が数カ所あればすべてと本署にも)
・道路清掃を管理している清掃局(土木課、環境衛生課、国道事務所など)
・近隣の動物病院やペット用品を扱うお店

保健所一覧
http://www.phcd.jp/03/HClist/


収容動物検索情報サイト
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/


警察庁・都道府県警察における遺失物の公表ページ
http://www.npa.go.jp/consultation/chiiki2/ishitsubutsulink.htm


*もし迷子かもしれないと思われる猫を保護した場合も、上記の各所に猫を預かっている旨の連絡をしてください。
外は危険がいっぱいだよ!

外は危険がいっぱいだよ!


続いて猫の探し方について→