天然の炭酸泉は格別!

まだまだ巷ではカラダの外から、中から、炭酸ブームが続いています。街のスーパー銭湯でも人工炭酸泉は大人気。多くの人たちが炭酸によるアワアワで日常の疲れを癒していますが、人工もいいけどやっぱり本物は格別! その本物、自然湧出による炭酸泉が大分県には特に多く湧いています。中には炭酸飲料もビックリする程の炭酸泉も。そこでぜひ訪れて欲しい、大分県にある自然湧出のオススメ炭酸泉を3つご紹介します。

そもそも炭酸泉は「血行の湯」とも言われ、浸かるととにかく体がポカポカしてきます。肌に付着するアワアワが血流を促すことによって、冷え性緩和だけではなく、怪我や傷の治癒を促したり、動脈硬化や心臓病等の症状を緩和させることも期待できるのです。また、肌のくすみが取れて明るくなる美肌効果も期待できることは女性なら、特に嬉しいですよね。

では、自然湧出、天然の炭酸泉を楽しむことができる温泉をご紹介します。

その名のようにアワアワ湯を楽しむことができる 長湯温泉「ラムネの湯」

ラムネ温泉

長湯温泉の名物的存在なラムネ温泉

大分県竹田市にある長湯温泉は、ガス濃度や湧出量などの要素から、日本で指折りの炭酸泉を誇っています。

その中でも特に有名なのが、長湯温泉でも名物的存在である「ラムネ温泉館」で、日帰り入浴のみの施設です。数年程前に改装してからは、だいぶモダンな施設に変身しました。

内湯

笹濁りの内湯

まずは内湯から。ラムネ温泉では内湯と露天風呂とでは泉質が違うので、内湯では炭酸が付着しませんが、湯は素晴らしい! 源泉温度は42℃。笹濁り色した炭酸水素塩泉の湯は、加水や加熱もしていないので、そのままの湯を楽しむことができます。ちょっときしむような浴感です。

 

極上炭酸泉は露天風呂に!

それでは炭酸ならではのシュワシュワ、アワアワ~を期待して、いざ露天風呂へ。

パラソル

露天にはなんと!傘が!!

日差しが強い日には、傘を使うことができます。 紫外線対策をしつつ、ぬるめの炭酸泉をじっくりと楽しむことができるのは、かゆいところに手が届くような嬉しいサービス。

 
泡の写真

泡!泡!泡!

静かに体を浸かると......瞬く間に泡!泡!泡!! 
お湯1Lに炭酸ガスが1000mg以上溶けたものが「療養泉」と定義され、「高濃度炭酸泉」と呼ばれていますが、遊離二酸化炭素が、この露天風呂では1400mg! 確かに、その名のとおり、ラムネに浸かっているかのようです。

源泉温度が32℃ですから、季節によっては寒いかもしれません。天候等考えて入浴したいところではありますが、多少寒くても、浸かっているうちに体がポカポカしてくるのは、さすが炭酸泉。寒くなった場合は、高温汗室と呼ばれる、立ったまま入るスタイルの北欧式サウナもあるので、上手く組み合わせることで、さらなる温浴効果が期待できます。

ぜひお試し下さい。

〈DATA〉
・長湯温泉 ラムネ温泉館
・住所:大分県竹田市直入町長湯7676-2
・電話:0974-75-2620
・営業時間:6時~7時/10時~22時
・料金:大人500円
・HP:http://www.lamune-onsen.co.jp/