レストランがおすすめの理由

ビジャン

ゆったりと食事を楽しめるのがレストランの醍醐味。テラス席なら、南国マレーシアの空気も味わえる

マレーシアのレストランは、贅沢気分を味わえる高級店から、屋台がそのままお店になったようなローカル度満点のものまで多種多様。価格もピンキリです。

レストランでは、英語のメニューをじっくり眺めるのもいいけれど、「何がおすすめ?」と店員さんに聞いてみましょう。食べたい料理がある場合は、「これを食べたい」と聞けばOK。マレーシアは英語が通じる国なので、カタコトでもいいので、現地の人とコミュニケーションをするのが楽しい。お店の人が教えてくれた料理が驚くほどおいしかったり、逆にイマイチだったり。そういうエピソードのほうが旅の思い出に刻まれます。屋台やフードコートではお店の人とゆっくり会話ができないので、これぞレストランならではの楽しみ方です。

もうひとつ、レストランでうれしいのは、安心してトイレに行けること。これ大事ですよね。ゆっくり食事を楽しみたいときはレストランにGO!

マレーシアのレストランは3種類

クポンのキタクゼ

路上にある開放的な屋外レストランは、ほとんど屋台感覚

大きく分けるとレストランは3種類あります。ホテルにあるレストラン、ショッピングセンターにあるレストラン、路上にあるレストラン。今回はこの3タイプのレストランをそれぞれご紹介します。

ちなみにレストランでは、マレーシア料理以外のジャンルも味わえます。生ハムのおいしいイタリアンや日本人シェフが腕をふるう和食など、リーズナブルでクオリティの高い店がたくさんあります。これらの情報を知りたいなら、現地で発行している日本語情報誌をチェックしましょう。

ホテルのレストラン

ホテルマヤ

ラグジュアリーなホテルのレストラン。癒しの旅にぴったり

マレーシアのホテルレストランは、日本よりも現地に根付いています。週末ともなると、家族連れで大賑わい。母の日、誕生日、結婚祝いなどでホテルをよく利用するのです。

プリンスホテル,飲茶

ホテルの飲茶はおいしい!

世界的に名の知れたホテルでも、日本に比べると手ごろな値段で、一流シェフの技と上質なサービスが楽しめます。ホテルのレストランでチェックして欲しいのは、ずばり、中国料理店とハイティーです。

クアラルンプールで人気の中国料理店はこちらです。ザ・リッツ・カールトンの「麗苑(リーエン)」はペキンダックが有名。JWマリオットの「上海」は小籠包(たしかランチ)が絶品。プリンスホテルの「太子軒(タイチイヒン)」、マンダリンホテルの「ライポーヒン」もクオリティの高いランチ飲茶が味わえます。上海以外は広東料理で、日本人の舌に合う上品な味わいです。

ハイティーとは、食事系からスイーツまで様々な種類を取りそろえたビュッフェのこと。料理の種類がとにかく多い! マレー系、中国系、インド系のマレーシアの三大民族の定番メニューはかならず揃えているので、現地の料理を一気に制覇したいなら、ホテルのハイティーがねらい目。クアラルンプールで人気なのは、シャングリ・ラ・ホテルの「レモンガーデン・カフェ」、ルネッサンスホテルの「テンプテーションズ」など。

予算は、夜ならお酒込みで150~200リンギ(4500~6000円)ぐらい。お昼の飲茶なら50~80リンギ(1500~2400円)で楽しめます。マレーシアはお酒代が高いので飲まなければもっとお得。食事が終わったら「会計をお願いします(ビル、プリーズ)」と店員さんに伝えてテーブルで会計。ドレスコードはあまりありませんが、Tシャツ短パンは避けたほうが無難。ただ、ときに地元の子どもが騒いでいることもあるぐらいのカジュアルな雰囲気です。

ショッピングセンター内のレストラン

マダムクワン

マレーシア料理店のマダムクワン。ショッピングセンター内に店舗展開しているチェーン店

地元の料理から外国の料理まで、幅広いジャンルの料理を楽しめます。ショッピングのついでに寄ったり、友人との待ち合わせなど時間調整が必要なときなどに便利です。トイレの心配もありませんし、クーラーの効いたショッピングセンター内なので居心地も抜群です。

クアラルンプールでオススメなのは、パビリオンの6F(Level6) にあるレストラン街。地元で人気のバクテー店「宝香(パオシャン)」、北インド料理、韓国料理、マンゴースイーツ店などずらっとそろっています。また1F(Level1)には手軽にマレーシア料理が味わえる「マダククワン」、広東料理の「ドラゴンアイ」があります。

テーブル会計なので、食べ終わったら伝票をもらいましょう。予算は飲みものを1杯付けて40~50リンギといったところでしょう。

路上のレストラン

屋外レストラン

屋外レストランは扇風機が付いていて心地いい。開放感も抜群

チキンウィング調理場

屋外レストランでは、調理場が外のときも!

地元の人が日常的に使っているのが、このタイプです。日除けの屋根があるだけの屋外のものと、クーラー付の室内レストランがあり、料理の値段が異なります。食べ終わったあとの伝票を見て「あれ?けっこう高いね」「この店、クーラーが付いているからね」なんていう会話がよくあるほどです。

屋外レストランは、レストランというより屋台に近い感覚です。窓や扉がなく、道路に開放されているので、ときにお店とはまったく関係のない行商人がモノを売りにきたりします。手作りのクッキー、ペンライト、おもちゃ、クジ……と商品は様々で、興味がなければ「NO」と言って無視。欲しいものがあれば、その場で値段交渉をして購入します。

テーブル会計なので、食べ終わったらお店の人に声をかけて伝票をもらいましょう。飲みものを1杯付けて30~40リンギといったところ。トイレは期待できませんが、現地の人が日常使いをする人気店を探すならこのタイプです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。