分け目を隠してマイナス5歳! 髪のボリュームUP術

西岡さんは、青山の人気サロン「afloat-f」のチーフディレクター。「あなたの“きれい”のお手伝いを一緒にできれば、と考えています」

西岡さんは、青山の人気サロン「afloat-f」のチーフディレクター。「あなたの“きれい”のお手伝いを一緒にできれば、と考えています」

年齢を重ねるにつれて薄さが気になってくる、分け目やトップ。逆に考えれば、分け目やトップにボリュームがあれば若くみえる、ということになります。

今回は、All Aboutヘアスタイル・髪型 ガイドの西岡 卓志さんに、薄さが気になる髪のボリュームアップ術を教えてもらいました。ほんのひと手間で、5歳若返るかもしれませんよ。

2010年のトレンドヘアスタイルは?

2009年は、下に重さがある「ひし形スタイル」が主流でした。2010年も引き続き、ひし形スタイルがトレンドですが、軽さ・丸み・すけ感のある、ふんわりとしたスタイルに変わってきています。髪の表面にレイヤーをいれて軽くしてあげれば、今年風のスタイルに変われるでしょう。

うれしいことに、表面にレイヤーを入れると、髪が軽くなってボリュームが出やすくなる、というメリットもあります。

ミディアム~ロングヘア──トップにボリュームを

ミディアム~ロングヘアのスタイルで、トップにボリュームを出す方法をご紹介します。

前に引っ張るようにして巻きとるのがポイント

前に引っ張るようにして巻きとるのがポイント

(1)下ろす前髪を残し、頭頂部分の髪をブラシで前に出すように引っ張り気味に巻きとって、ブローする。ドライヤーの熱は根元にあてる。もし、寝ぐせがついている場合は、ブローの前に、霧吹きで水スプレーをして完全に乾かしておく。

 

ブラシで巻いた髪を、もう一度マジックカーラーで巻くとキープ力がUP

ブラシで巻いた髪を、もう一度マジックカーラーで巻くとキープ力がUP

(2) (1)と同じく頭頂部分の髪を多めにとって、大きめのマジックカーラー(直径2.5~3cm)で巻く。巻く時には(1)と同じように、前に出すように引っ張りながら根元まで巻く。さらに後ろに平行にもう1ヵ所巻けば、よりボリュームアップする。

ボリュームが出にくい、細くてコシのない髪質の方は、細いカーラーを使うとよい。

 

(3)カーラーを置く時間は、10分~20分くらい。時間は長いほうが持ちがよいので、カーラーを巻いてからメイクするなどの工夫を。時間がない場合は、カーラーを巻いたままドライヤーの温風をあて、その後冷風を当ててからカーラーをはずす。

スプレーは少しずつ、根元だけにかける

スプレーは少しずつ、根元だけにかける

(4)スタイリングする。カーラーをはずしてふんわりと後ろに下ろす。毛束をひとつまみとって、「ややハード」のスプレーを少し根元にかける。2~3ヵ所、立ち上がりをキープする。

 

表面に軽くレイヤーが入っているので、髪が下がりにくく、ふんわり感もキープ!

表面に軽くレイヤーが入っているので、髪が下がりにくく、ふんわり感もキープ!


■ポイント
毛先をカールしてあげると、今年っぽい丸みのあるスタイルになります。左右の毛先に少しだけワックスをつけて、アイロンで巻いてみてください。また、全体のボリュームを長時間キープしたい時は、(4)のスタイリングした後に、ハードスプレーを全体的にかけてもOK。(ハードスプレーをかけすぎると、バリバリになるので注意すること)

次ページは、アラサー、アラフォーに人気の「センターパーツ」スタイルの分け目を隠す方法です。