ポルトガルの栄光を支えた世界遺産「ポルト歴史地区」

ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア側からポルトの歴史地区

ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア側からポルトの歴史地区(リベイラ地区)を眺める。手前の川がドウロ川で、すぐ下流で大西洋に注いでいる。穏やかな川と海に挟まれたポルトは天然の良港で、古代から港として利用されてきた

ポルトはローマ都市ポルトゥス・カレを由来とする港街。そしてポルトゥス・カレの国=ポルトガルの歴史はこの街からはじまった。

今回はポルトの二大名物トリッパとポートワインを絡めつつ、ポルトガルの世界遺産「ポルト歴史地区」を紹介する。その過程で世界遺産「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」にも触れてみたい。

ポルトで味わいたいふたつのグルメ

ドン・ルイス1世橋とポルト歴史地区

ノッサ・セニョーラ・ド・ピラール修道院から眺めたドン・ルイス1世橋とポルト歴史地区。橋はエッフェル塔の設計者であるエッフェルの弟子、テオフィロ・セイリングの設計で、上部の長さ約395m、高さ約45mを誇る

ポルトに行ったらぜひ味わっていただきたい料理がふたつある。まずはトリッパだ。

トリッパ

トリッパ。海と山に囲まれたポルトガルは食材が豊富。あっさりした味付けの料理も多いが、このように長時間煮込む手間暇かけた料理も少なくない

もともとトリッパはラテン語圏の言葉で「牛の内臓」を意味する言葉。モツの煮込み料理を示す言葉でもあり、地中海周辺で広く食されてきた。特にこの料理を愛しているのがポルトの人々で、自ら「トリッパを食べる人=トリペイロ」と称するほどだ。

ポルトのトリッパの定番と言えるのが、豆と一緒に煮込んだ名物「トリッパ・ア・モーダ・ド・ポルト」。トマトやハーブ、ワインで臭みを抜き、長時間煮込んでトロトロになったトリッパは赤身では味わえない滋味にあふれており、ポルトガルの赤ワインとの相性も抜群だ。

 

サン・フランシスコ教会

教会、博物館、カタコンベから成るサン・フランシスコ教会。新世界からもたらされた黄金に覆われた礼拝堂は見事だが、内部撮影禁止

そして食後に楽しみたいもうひとつのポルト・グルメがポートワインだ。ブドウを醸造してワインを作る過程でアルコール度数77度のブランデーを加えた酒精強化ワインで、ブランデーを加えることでブドウの糖分がアルコールに分解されずに残るために、ワインにはない甘みを持っている。

これがデザートワインに最適なのだ! 甘いワインとしてはアイスワインや貴腐ワインが知られているが、それら以上の甘さ、約20度という高い度数、にもかかわらず残るブドウの深い味わい。特にデザートが苦手な男性にオススメだ。

実は、トリッパとポートワインこそポルトガルの栄光のしるし。その歴史を知れば、味わいは数段広がるはずだ。

 

ポルトガルの栄光を支えた料理 1.トリッパ

クレリゴス教会とその塔

クレリゴス教会。隣接して立っているクレリゴスの塔はポルトの象徴で、ポルトガルでもっとも高い塔となっている。登ればポルトが一望でき、彼方に大西洋を望むことができる

クレリゴスの塔からの眺め

クレリゴスの塔から大西洋を望む。川沿いの土地は肥沃で水の確保も簡単。外洋も近いということで、ポルトは紀元前から港として繁栄した

15世紀まで、世界の中心は地中海にあった。そして大西洋に面するポルトガルは地中海貿易から取り残されたヨーロッパの辺境にすぎなかった。そんなポルトガルが世界にその名をとどろかせるのは15世紀以降のことだ。

15世紀はじめ、イベリア半島(現在のスペインやポルトガルがある半島)全域でキリスト教諸国による領土回復運動=レコンキスタが進んでいた。しかし、北アフリカのイスラム勢力はジブラルタル海峡を通じてイベリア半島のイスラム諸国を援助していたため、なかなか打ち破ることができなかった。

 

エンリケ航海王子の像

ボルサ宮の前に広がるエンリケ航海王子広場と王子の立像

ポルトガル国王ジョアン1世とその息子エンリケは拠点都市であり、造船基地でもあったポルトで大船団を組織し、両者を分断するために北アフリカの要衝セウタを攻略。占領したのち城砦を築いてポルトガル領とし、アジア・アフリカ進出の第一歩を刻んだ。

セウタ攻略に際して、ポルトの人々は出港する船団に腐りやすい内臓を取り除いた牛肉と赤ワインを提供した。そして勝利を祈りつつ、残った内臓でトリッパを作って食したという。人々が自称するトリペイロという言葉にはこうした誇りが込められているのだ。

アフリカに渡ったエンリケは、西アフリカにあるという「黄金の国」の伝説や、東にあるという幻のキリスト教大国「プレスター・ジョンの国」伝説、そしてインドへと通じる航路が存在するという伝説を耳にして、海洋進出を加速させる。