ゆる美人の対極! ガツガツ感を出すと異性は引く

メガネをかけた真面目な女性

ガツガツした人には、「隙」や「抜け感」がない!

ゆる美人の対極が「凝り固まった考え方をしている人」というのはお伝えした通りですが、力が入り過ぎたガツガツ感のある人もまたゆる美人の対極です。たとえば、遊ぶ時間も寝る時間も惜しんで仕事に邁進する人や、結婚を焦って出会いの場で前のめりになるといったガツガツしている人は、やはりゆる美人とは反対の印象になります。というのも、ガツガツすればするほど、隙も抜け感もなくなるからです。

大切なのは、相手が入り込む隙です。隙があることが「ゆる美人」の必須事項です。隙があるからこそ抜け感が出て、「この抜けた感じはスルッと入り込める気がする」「その隙に入り込みたい!」と思わせるのです。

男性だって、明らかに無理だと思う相手には向かっていかないもの。多少なりとも勝算がなければ恋の戦を仕掛けないのです。恋のチャンスが欲しいなら、それなりに隙をつくらないといけません。たとえあなたという城が陥落しなくとも、頑張れば落とせるかもしれないという期待のような勝算を相手が抱けるくらいの隙が必要です。隙や抜け感の邪魔になるガツガツ感が仮にあったとしても、なるべく見せないようにしましょう。

好みのタイプにもゆるさが必要

好みのタイプが全くない人はいないでしょう。それに、恋愛をするためには、好みのタイプを明確にしておくことは必要なことです。そうしないと、どうアプローチすべきか、どんな出会いの場に行くべきかといった恋愛戦略すら見えないからです。

しかし、好みのタイプにこだわり過ぎてもまた恋のチャンスを逃してしまいます。好みのタイプは明確にしつつも、優先順位をきちんとつけることが大切です。そして、優先順位がある一定以下の項目に関しては、「あったらいいな」「なくてもいいや」と思うようにしましょう。

好みのタイプにおいても凝り固まり過ぎずに現実をきちんと見つつ、適度なゆるさを持つことが必要です。それこそが、恋のチャンスに恵まれる「ゆる美人」への道なのです。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。