野菜ジュースで手軽に摂れる栄養素とは

野菜ジュース効果

野菜ジュース効果

次は野菜ジュースについて紹介します。

「市販の野菜ジュース」は1日分の野菜を摂るという目的では不十分ではありますが、簡単に足りないビタミン・ミネラルを補うという意味では十分活用すべきです。

では、ビタミン・ミネラルがダイエットと心の安定にどれだけ必要かということを説明します。

ビタミン・ミネラルの効果

1.満腹感の持続効果
人間はビタミン・ミネラルが足りていないと、カロリー的には十分でも、脳がもっと食べろという指令を出し、食べ過ぎてしまいます。

1日に必要なビタミン・ミネラルを早い段階で摂っておくと、満腹感が持続し、必要以上に他の栄養素(タンパク質、炭水化物)を摂取しなくてすみます。

お腹がいっぱいと感じるのは脳にある満腹中枢が刺激されるからですが、この満腹中枢を刺激するのが炭水化物に含まれているブドウ糖です。

ビタミン・ミネラルは炭水化物をブドウ糖に変えるので、満腹中枢は「お腹いっぱい」と感じ食事量を少なくしてくれます。

2.ストレス軽減効果
過剰なストレスはビタミン・ミネラルを急激に消費しますので、ビタミン・ミネラルを補給することでストレスを抑えることができます。

ビタミン・ミネラル補充⇒ストレス低下・満腹感⇒過食を抑える⇒太りづらくする。

市販の野菜ジュースで摂れる主なビタミン・ミネラル

1.βカロチン・ビタミンA
・抗酸化作用
・アンチエイジング
・視機能改善

2.ビタミンE
・血行促進

3.ビタミンB群
・エネルギーを燃焼してくれる
・疲労回復

4.カリウム
・高血圧予防
・むくみ改善

5.カルシウム・鉄
・血行促進
・精神安定作用

「市販の野菜ジュース」は加工する際に「搾る」「加熱する」という工程を経るため、ビタミンCなど摂取しづらいものもありますが、熱に強いビタミン・ミネラルは生野菜と殆ど変わらず摂取することができます。

糖分も含まれますから飲み過ぎは肥満の原因になりますが、1日1パック200ml程度であれば問題ありません。

野菜ジュースの選び方

では、ビタミン・ミネラルが多い市販の野菜ジュースの選び方をご紹介します。

・色々な野菜がブレンドされているもの。
・野菜100%のもの。果汁が入っているものは糖分が高いので野菜だけが好ましい。

カゴメ 野菜1日これ1本

カゴメ 野菜1日これ1本

・カゴメ 野菜1日これ1本
エネルギー: 71kcal
野菜の種類: 32種類
野菜汁: 100%
糖質: 14.6g

 
伊藤園 1日分の野菜

伊藤園 1日分の野菜

・伊藤園 1日分の野菜
エネルギー: 73k cal
野菜の種類: 30種類
野菜汁: 100%
糖質: 14.8g
ビタミンC: 60~134mg

 
カゴメ 野菜生活

カゴメ 野菜生活

・カゴメ 野菜生活
エネルギー: 67kcal
野菜の種類: 21種類
野菜汁: 50%
糖質: 15.7g

 
キリン 48種類の濃い野菜

キリン 48種類の濃い野菜

・キリン 48種類の濃い野菜
エネルギー: 51kcal
野菜の種類: 48種類
野菜汁: 100%
糖質: 10g

 
デルモンテ 野菜1日分

デルモンテ 野菜1日分

・デルモンテ 野菜1日分
エネルギー: 65kcal
野菜の種類: 22種類
野菜汁: 100%
糖質: 12.6g

 
野菜の種類が多いのはキリンの「48種類の濃い野菜」です。また、カゴメの「野菜生活」は野菜汁50%なので糖分は他より高いです。伊藤園の「1日分の野菜」は熱加工で失ったビタミンCを補充しています。あとは、好みもあると思うので無理なく続けられるものを選ぶといいと思います。