卒園式の謝辞の例文を紹介! お礼状などを書くポイント

卒園式の謝辞例文を解説

卒園式のスピーチや幼稚園の先生へのお礼状、これまでの感謝の気持ちを言葉にして綴りましょう


幼稚園・保育園の卒園というのは、子ども本人だけではなくお母さんにとっても思い出深いものでしょう。それゆえつい感傷的になりすぎてしまうこともあります。しかし、保護者の代表としてあいさつをする場合は、気持ちが高ぶりすぎて涙声になり、途中で中断してしまうなどのことがないように、感情をこめつつもスマートに述べたいものです。

卒園式や謝恩会での謝辞、お礼の手紙、共通の注意点は、自分のことばかり書き過ぎないこと。お世話になった先生へのお礼の言葉、印象に残った出来事などを具体的に交えながら感謝の気持ちを述べましょう。
   

卒園式の謝辞例文1:卒園式の挨拶、保護者代表として

本日は、お天気にも恵まれ、無事に卒園のこの日を迎えることができましたこと、何より嬉しく存じます。
これもひとえに、園長先生はじめ、先生方のあたたかなご指導のお陰でございます。
ありがとうございました。
今思い出しますと、入園式の折には、後ろを振り返ってみたりぐずったりと心配で見ていられなかったものでございました。
それがどうでしょう。今日はきちんと椅子に座り、先生のお話を真剣に聞く子どもたちの姿を前にしますと、こんなにも成長してくれたのだなと感慨深い思いがいたします。
きっとここにいらっしゃるお父様、お母様、皆様同じように感じていらっしゃるのではないでしょうか。
運動会、遠足、さまざまな行事の折の子どもたちの楽しそうな笑顔が浮かんでまいります。
子どもたちはもちろんですが、私ども親にとりましても数々のことを学ばせていただいたかけがえのない時間でございました。
今後もそのあたたかい思い出を胸に歩んでまいりたいと存じます。

本当にありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
園長先生、先生方皆様のご健康、○○幼稚園のますますのご発展を心よりお祈りいたし、保護者代表のあいさつとさせていただきます。
 

卒園式の謝辞例文2:卒園のお礼状、母親から先生へ

○年間お世話になりまして、本当にありがとうございました。
年長になってからは特に、毎日幼稚園に行くのが楽しみという気持ちにあふれ、見ている私どもも嬉しい毎日でした。
家にいるときはどうしてもわがままさが出てしまうものですが、幼稚園での友達とのふれあい、そして何よりも先生とのお時間が心のありかたを育ててくださったのでしょう。
日ごろ御礼を……と思いながらも、なかなかきちんと申し上げることができませんで、失礼をいたしました。

あらためて、御礼申し上げます。
○○先生とお会いできましたこと、そしてたくさんのすばらしい思い出をありがとうございました!
 

その他の言い換え例文

  • 無事に卒園式を迎えることができ、感謝申し上げます
  • 家に帰ってからいつもそれはそれは楽しそうに話をしておりました
  • ○○幼稚園での友達、先生方との出会い、そして学んだ出来事は子どものかけがえのない宝物です
  • 卒園という響きは嬉しくもあり、また少々とさびしくもありますが、またお目に掛かれましたら嬉しく存じます
  • 近所ですので、また何かの折にお伺いできましたらと思っております
など。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。