成り立ちが違う3台

まずは、理解を深める意味で、それぞれの成り立ちを見ていきます。
右からNexus 7、iPad mini、VivoTab note 8

右から順にNexus 7、iPad mini、VivoTab note 8

iPad miniとNexus 7は、スマホが源流です。乱暴な言い方をすれば、スマホから通話機能を省いて、画面を大きくしたものと見れば分かりやすくなります。また、コンピュータらしい部分が隠されており、詳しい知識を持たなくても使えるのが特徴です。

VivoTab note 8は、Windowsが源流です。iPadやNexus 7と似ていますが、これらが持つ良い部分を、8インチサイズの中に凝縮したWindowsと言うことができます。よって、Windowsパソコンらしさを残しており、Windows用の周辺機器が使える高い汎用性を持っているところが特徴です。

それぞれ成り立ちは違いますが、タッチ操作に可能性を感じているところは、共通しています。

次のページでは、端末価格とハードウェアを比較します。