まずはおさらい! 「CCクリーム」ってどんなもの?

まずは「CCクリームって何?」という人のために解説! CCクリームとは、化粧水の後に塗るだけでスキンケアしながらベースメイクが完成する高機能な時短アイテム。類似のアイテムとしてBBクリームが挙げられますが、BB(=Blemish Balm)クリームが「肌の欠点をカバーする」効果に優れているのに対し、CC(=Color Control、Complete Correction)クリームは「肌色を補正する」効果に優れているという違いがあります。

目元のくすみやクマといった色ムラをカバーしながら、ふんわりやわらかな肌印象に整え、すっぴん風のナチュラルな仕上がりを叶えてくれるCCクリーム。さらに、スキンケアやUVカットまでしてくれて、手頃な価格のアイテムが多いのも魅力です。今回は、ガイドが厳選した注目アイテムを3つ、ご紹介します!


スキンケア感覚でうるツヤ美肌を叶える

undefined

肌と一体化したようなうるおいが続く

ブルジョワ「CCクリーム リキッドファンデーション」(SPF15)全4色、30ml/各1890円

ブルジョワからデビューしたCCクリームは、さらっと軽いつけ心地が特長。オイルフリーで水分ベース30%というみずみずしいテクスチャーで、肌がうるおいに包まれるのを実感できます。スキンケアの延長のような感覚でベースメイクが完了し、時間が経っても乾燥知らず。

アプリコット、グリーン、ホワイトの3色のカラーピグメントが肌色を補正して、気になるトラブルもさりげなくカモフラージュしてくれます。

 


リキッドなのにふわっとエアリーな新感覚CC

undefined

ふんわりピンク色に上気したような幸福感あふれる肌に

ピュアグラム「パウダレス カラーコントロールリキッド」(SPF40・PA+++)全3色、30ml/各1995円

リキッドとパウダー、両方の魅力を兼ね備えたCCリキッドがこちら。みずみずしい感触のリキッドなのに、肌に伸ばすとピタッと密着してたちまちパウダーの質感に変化。ふわっとエアリーな仕上がりを叶えます。まるで極薄のヴェールをかけたかのように、肌の色ムラや毛穴も自然にぼかして目立たなくしてくれるのがうれしい!

テクスチャーもさることながら配合成分もとびきりユニークで、パワーストーンとして人気のダイヤモンド、サンゴ、ルビーのパウダーを配合。ジュエリーのパワーで、LOVEオーラをまとえるかも?

 


しっとりなめらかな美人オーラ肌に

undefined

ルミナス効果で透明感と肌補正を両立

レブロン「アブソルート ラディエンス+ カラーコレクタークリーム」(SPF30・PA++)全3色、30ml/各1680円

なめらかな感触で伸びの良い、まるでスキンケアクリームのようなCC。厚塗り感がないのに、クマやくすみといった気になる影をさっと消し去ってくれます。仕上がりはしっとりツヤツヤ。素肌感を生かしながら明るさをプラスしてくれるので、肌がもともとキレイな人と思われそう。

さらに、単品使いはもちろん、化粧下地としても優秀。パウダーファンデーションを重ねれば、セミマットな上質肌に。ナチュラルメイクからきちんとメイクまで、活用度の高いアイテムです!

 


※価格表記は記事公開日時点での税込価格です。消費増税により、2014年4月以降は金額が変わることがあります。詳しくは各メーカーのWebサイトなどでご確認下さい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。