レジャー・リゾート路線を中心としたLCC・バニラエア

p1

白い機体に【Vanilla Air】のロゴ、尾翼などのイエローがリゾートでいっそう映えます

2013年12月20日に就航したANAホールディングス100%出資のLCC(ローコストキャリア)、「バニラエア(Vanilla Air)」。成田国際空港を拠点に、国内線と国際線に就航しています。

国内外のレジャー・リゾート路線を中心に、シンプルでわかりやすく、誰もが利用しやすいLCCとして注目を集めています。

今回は、バニラエアに乗るために知っておきたい運賃の種類やチェックインの方法、手荷物について、バラエティ豊かな機内食、搭乗者限定のおトクな情報などをご紹介します。
 

国際線は台湾行きが充実! バニラエアの就航路線

・国内線
東京(成田)=札幌(新千歳)、函館、奄美大島、沖縄(那覇)、石垣
大阪(関西)=奄美大島

・国際線
東京(成田)=台北(桃園)、高雄、香港、セブ
大阪(関西)=台北(桃園)
福岡=台北(桃園)
沖縄(那覇)=台北(桃園)
 

受託手荷物の料金やキャンセルの有無も要チェック! バニラエアの運賃

バニラエアでは通常2つ、そしてキャンペーン時に登場する運賃タイプ1つを合わせ、3つの運賃タイプがあります。

・コミコミバニラ
・シンプルバニラ

「コミコミバニラ」は、受託手荷物が20kgまで無料、事前の座席指定(スタンダートシート)も無料でできます。便・日付の変更は手数料500円~(シンプルバニラだと4000円~)、有料ですがLCCとしては珍しくキャンセル(払い戻し)も可能です。

一方、「シンプルバニラ」は、通常販売されている最もリーズナブルな運賃。荷物を預けたり、座席の指定などのオプションサービスは有料ですが、“とにかく安く乗りたい”人にはピッタリです。キャンセルができないので注意!

なお、キャンペーン運賃「わくわくバニラ」が不定期で登場することもあるので、要チェックです。

国内線・国際線ともに、搭乗券の予約購入・変更が直前までできます。予約購入は、国内線は出発予定時刻40分前まで、国際線は同60分前まで。変更は、国内線の場合は出発時刻の90分前まで、国際線の場合は出発時刻の120分前までとなります(ただし、チェックイン後を含むそれ以降の変更手続きは不可)

なお、運賃は予約の混雑状況などによって変動します。おトクなキャンペーン情報はメールマガジンで随時配信されるので、(ウェブサイト内「サービス紹介」の「メールマガジンのご案内」(http://www.vanilla-air.com/service/newsletter)であらかじめ登録しておくことをおすすめします。公式Facebookページ(https://ja-jp.facebook.com/VanillaAir)をチェックしたり、LINE公式アカウントへの登録もおすすめです。

なお、機内への手荷物の持ち込みは、いずれの運賃も各辺が56cm×36cm×23cm以内の手荷物が1個と、ハンドバッグやパソコンバッグなど身の回り品1個の合計2個まで(合計7kg)です。手荷物チェックも強化中とのこと、くれぐれも注意しましょう。 ※2017年10月29日から【合計7kg】になりました
 

受託手荷物の料金も要チェック! バニラエアの機体・座席シート

P2_b

バニラエアの機体はすべて、フランス・エアバス社のA320

バニラエアの機体は、LCCで一般的なフランス・エアバス社のA320(180席)を使用しています。シート間がやや狭く感じますが、標準体型の方だとほぼ問題ないかと思います。

その他、詳しくはバニラエアのウェブサイトをご覧ください。このウェブサイト、誰にもわかりやすくシンプルで使いやすいと、利用者にさっそく好評です。
 

バニラエアの乗り方 国内線・国際線のチェックインは何時まで?

P13

バニラエアのチェックインカウンターは、成田空港では、国内線・国際線ともに第3ターミナルにあります

バニラエアの航空券を購入して搭乗当日、空港のカウンターで予約番号をスタッフに告げ、チェックイン(搭乗手続き)を行います。預かってもらう手荷物がある場合はここで一緒に手続きをします。搭乗券はレシートタイプです。

もし、国内線の利用で預ける手荷物がなければ、自動チェックイン機を利用する、また、自宅やオフィスなどであらかじめウェブチェックインをして搭乗券を印刷し、空港に持参すると、そのまま保安検査場に向かうことができます。

搭乗手続きは、国内線は「出発時刻30分前」まで、国際線は「出発時刻50分前」までです。搭乗口へはいずれも「出発時刻20分前」。万が一遅れた場合は搭乗できませんので、早めに搭乗口へ行ったほうが安心です。搭乗口から機内へは基本、後方座席の窓側(A/F)から案内されます。

成田国際空港では「第3ターミナル」の利用になります。最寄りの第2ターミナルから徒歩または連絡バスが利用できます。時間に余裕をもって行動しましょう。
 

機内アナウンスは大好評! 機内に映画やゲームなどの液晶設備は無し

P4

バニラエアの機内はシンプルなデザイン。シートベルト着用サインが消灯後にFAによる機内販売が行われます

バニラエアのFA(フライトアテンダント、客室乗務員)による機内アナウンスもしっかり聴きましょう。というのも、通常の航空会社と異なり、レジャー・リゾート路線らしく“旅”気分が盛り上がるとても楽しい、個性的なアナウンスを聞くことができるかもしれません。記者が搭乗した便では、それぞれのFAさんの出身地や好きな食べ物などの紹介を交えたアナウンスが絶妙で、搭乗客から出発時、到着時に拍手が起こるほど大好評でした。

気になる機内エンターテイメント用の設備ですが、バニラエアに限らず基本的にLCCの機内には映画やゲームを楽しむことができる液晶は付いていません。動画配信サービスを利用している人は、事前に見たい作品をダウンロードして、オフラインでも楽しめるように準備しておくのがおすすめです。
 

飛行機の旅気分が盛り上がる「機内食」 

バニラエア,機内食

機内食「Flight Kitchen」2018冬メニュー。函館商業高校と共同開発した「ごろっと!ほっこり!スープカレー」(850円)

離陸してしばらくするとシートベルト着用サインが消灯し、機内販売がスタートします。バニラエアはLCCなので、機内での飲食はすべて有料ですが、この機内販売にもレジャー・リゾート路線らしい商品ラインアップが目白押しです。 ※メニューは随時変更されます
バニラエア,機内食

機内食「Flight Kitchen」2018年冬メニュー。おせち風弁当の「彩り鮮やかおもてなし弁当」(850円)

機内での飲食販売「Flight Kitchen」にラインナップされる“フライトごはん”は、定番の人気メニューに加え、季節に合わせて1年に4回(原則3ヶ月毎)にラインナップがリニューアルされます。リゾート気分が盛り上がる、季節感もボリュームもあるメニューを味わうことができます。

ちょっと小腹を満たすのに最適なスイーツも充実しています。特におすすめは、バニラエアの就航以来、売り切れ続出で復活したクリームパンのシリーズが人気。バニラエアのフライト時はぜひ一度ご賞味ください。
P14

バニラエアに乗ったらこのスイーツはまずチェック! 「バニラエア特製 とろ~りクリームパン」

なお、ホットミールについては「温め時間●分」とメニューに載っていて、待ち時間がわかるのも利用者目線で便利。女性にうれしい「●Kcal」というカロリー表示もあります。

機内食の確認は公式ホームページで!
 

機内と成田空港で買えるバニラエアのオリジナルグッズ

p10

グッズは成田国際空港の第3ターミナルにある空港店舗「V store」

バニラエアのオリジナルグッズが続々と登場しています。いずれも、鮮やかなバニライエローに、リゾートを思わせるバニラフラワーをあしらったデザイン。旅先で使える、普段使いもOKの便利グッズがそろっています。グッズは成田国際空港の第3ターミナルにある空港店舗「V store」や自販機コーナー「V store vending」、また一部商品は機内でも購入できます。
p11

バニラエアの飛行機がかわいいぬいぐるみになった「バニラエア ヒコーキぬいぐるみ」。旅の記念に、お土産にピッタリ。プチふせんやボールペンなども人気です


たとえば、バッグにつけるとかわいいバニラエアの「キーチェーン」、滑らかな書き味が好評の「ボールペン」は早くも第3弾のデザイン、オフィスで使ったり搭乗券を入れたりと重宝する「クリアファイル」など。また、「V store」限定で、“幸せを運ぶ”と人気の「ハッピーイエローベア」、ガイドブックに貼るのに便利な「プチふせん」なども。 ※便や時期などによって販売商品が異なることがります

2013年12月にデビューしたバニラエアは、ビジネス路線ではなかなか味わえないワクワク、ドキドキが感じられ、旅ゴコロをくすぐる楽しさを提供してくれる新しいスタイルのLCCです。国内線では、人気の高い札幌と那覇、今、注目が集まる南国リゾートの奄美大島、2017年2月から函館と大阪への便も加わります。国際線では、海外への行き先でこれも人気の台湾と香港など。ぜひバニラエアを利用して、おトクに楽しい旅を満喫してください。
 

国内LCC初 航空券などで貯まる「バニラエアポイント」

p13

2017年9月1日から運用開始の「バニラエア ポイント」の内容(バニラエアのプレスリリースより)

バニラエアは国内LCCで初となる、航空券の購入などで貯まるポイント制度「バニラエア ポイント」を、2017年9月1日から運用開始。航空券(コミコミバニラ、シンプルバニラ、ワクワクバニラ)、座席指定料金、手荷物料金の購入金額の1%のポイントが貯まります。年会費不要、有効期限2年(会員ボーナスは6か月、初回搭乗ボーナスは12か月)。会員登録は2歳以上から、搭乗者ごとに積算されます。バニラエアの公式サイトから会員登録できます。

貯まったポイントは、航空券の購入時などに1ポイント=1円として、100ポイント以上から、一度に2000ポイントまで利用できます。
 

バニラエアで行く奄美大島 成田に続き関西からも!

P12

バニラエアでは成田に続いて大阪(関西)からの奄美大島線も2017年3月26日から就航します。運賃もとても魅力的!

バニラエアが成田-奄美大島をLCCとして初めて就航して以来、これまで島を訪れたことがなかった若者を中心とする観光客が増え、島全体が賑わうようになったとのこと。

そして、2017年3月から、バニラエアの大阪(関西)-奄美大島が新規就航しています。この路線は1998年に日本エアシステム(現在の日本航空)が運休して以来、実に19年ぶりの復活。関西には奄美大島出身者が多く、帰省や介護などでの行き来で利用が期待できるのはもちろん、関西の若者にとっても魅力的なレジャー先として念願の就航先といえます。気になる運賃も片道4,780円からと、とてもリーズナブルです。1日1往復の運航。

奄美大島には、美しい海をはじめ、島グルメや黒糖焼酎、マングローブの原生林など都会では決して味わえない南国リゾート色満載のスポットがたくさんあります。2018年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の舞台としても注目され、世界自然遺産への登録も目指しています。

【参考記事】
LCC「バニラエア」で行く 奄美大島おすすめ旅プラン
奄美空港で買いたい、おすすめお土産ベスト10
成田空港のLCC専用「第3ターミナル」 徹底ガイド
片道4990円で函館へ!運賃比較とおすすめ観光スポット

<DATA>
バニラエア Vanilla Air
予約センター:0570-6666-03(通話料有料)
10時~18時、月曜日~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)

バニラエア 公式Facebookページ

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。