災害というと地震だけでなく近年では大雪や大雨による洪水なども増えています。またそれに伴い停電や断水などもあり、いつ何が発生するか分からない状況です。

多くの方がなんらかの物を防災グッズとしてもっていたり食糧の備蓄をしているかと思いますが、いくら準備しているようでも何も考えていない準備だと、いざ停電になったらどこに何があるのか分からないとか、備蓄している食糧の賞味期限が切れていたということにもなりかねません。

優先順位をつけ、何を、何処に、どれだけ用意しておくのかを考えて備えておくことが必要です。

ガイドは東日本大震災後、被災した地域に足を運んでいます。今回はそこで教えていただいた内容を含めまとめご紹介いたします。災害に対する備えは、家族の人数や住んでいる地域によっても必要とされてくるものが大きく変わってきますので、本記事をもとに自分の家の場合はどうしたら良いのか、考えるきっかけにしていただけると幸いです。


とにかく生きるための備え(優先順位1)

携帯電話で家族の安否を確認したいなど、災害が起こるといろいろ必要となってきますが、まずは「生きるための物」を優先順位の1位と考えて備えておくべきでしょう。

■災害時にすぐに持ち出しできるよう備えておく物
【1】水
人間が生きるには1日に2リットルの水が必要と言われています。生活用水も含めれば3リットルです。でも優先順位1では生きるための水を備えておくことを考えます。2リットル×家族の人数分です。

【2】最低限の食糧
この優先順位1では、お腹をいっぱいにすることまでの量ではなくとにかく生きるためのものとして考えます。このときパサパサなもの、塩からいものは避けたほうがよいでしょう。余計に水分を欲してしまうからです。乳幼児がいる方はミルク類も必要ですし、ペットを飼っている場合はペットの餌も考えてあげてほしいと思います。

災害対策undefined食料備蓄にドリンクゼリー

栄養補助機能があるドリンクゼリーも備蓄にいれておくとよい

新潟県中越沖地震のとき長く避難所暮らしをした方で口内炎がひどくなった方が多かったという話を聞いたことがあります。避難所で配られることの多いおにぎりやパンだけですと栄養のバランスが偏ってしまっていたからでしょう。別に口内炎くらいと思うかもしれませんが、それは目に見えている症状だけなのでその他の部分でも身体に影響がでている可能性が高いのです。

そのためガイドは、東日本大震災発生直後に避難所に送る物資として栄養補助食品のドリンクゼリーを大量にお送りしました。パサパサなビスケットタイプではないので、水気を余計に欲することもないからです。優先順位1に備えておく食料の一部としても良いのではないでしょうか。


【3】防寒具
東日本大震災では津波から逃げ、雪の降る高台で夜を明かした方も多数います。厳しい寒さは凍死の可能性もありますし、死までいたらなくても体力を消耗します。また最近では大雪で大渋滞になり車の中で過ごさなくてはならないけれど、ガソリン消費をおさえるためにエンジンを切っていて寒さに耐えられなかったという話もききます。

備えておくものとしては、薄い銀色の保温シートや、ダウンジャケット、下半身も包み込むレインコートなどもよいでしょう。ダウンジャケット類は空気をぬけば小さく畳めますので非常用の持ち出しグッズとしては場所もとらずにすみます。携帯用カイロも2年3年と保管できますので、用意しておくと便利です。


【4】薬ほか持病の対策
病気によっては一日でも薬をかかすことができないものもあります。そのような持病のある場合は、緊急時用の分を非常用持ち出し袋の中にいれておくとよいでしょう。

■優先順位1のものを何処に保管するか

非常用のグッズの保管場所は以下の3つを考えて置く場所を決めるとよいのではないでしょうか。
・1日24時間のうち何処に長く滞在しているか
・持ち出しやすい形にまとめられてあるか
・持ち出しやすい場所に置かれているか


災害対策undefined持ち出し袋の置き場

必ず通る玄関の脇に置いてある非常用持ち出し袋

ガイドの場合は家を出るときに必ず通る場所である玄関横に、リュックサックに入れて置いています。また車の中にも水と食料、ダウンジャケットを入れてあります。





・勤務先に用意するもの
大きな会社や大きなビルに入っている勤務先であれば、ビルとして備蓄を用意してあるところも多くありますが、それでも自分の身を守る最低限のものは用意しておいたほうがよいでしょう。また東日本大震災のときは、交通機関がとまってしまい何時間もかかって歩いて帰った人も多くいました。最低限の水と食料とともに、レインコート、歩きやすい靴、ヘルメット、マスクを勤務先に個人のものとして用意しておくとよいでしょう。

・車の中にも災害対策グッズを準備
災害対策undefined車の中にも食糧備蓄

賞味期限2年、保存状態がよければ3年利用できるという「備蓄用デニッシュパン」

災害時に大渋滞となり車の中で過ごさなくてはならない場合や、地震で家が倒壊してしまったが駐車場にある車は残ったということも想定できます。

そのため、車の中にも最低限の、食料、防寒具を準備しています。ガイドの場合は車の中に備えておく食糧は忘れがちなのでロングライフ食品など長期保存できるものにしてあります。また着なくなったダウンジャケットも防寒具として入れてあります。(ロングライフ食品については後述)

・電車での通勤時間が長い人は電車の中で災害にあうことも想定
ガイドの場合は電車に乗る時は長時間乗ることが多いので、必ずペットボトルの飲料と防寒具代わりにもなるレインコートをカバンの中に入れてあります。

・ペットとともに逃げることも想定
災害対策undefinedペットのキャリーバッグ

リュック型のキャリーバッグであれば両手があくので便利

ペットの大きさにより用意するものは変わってきますが、まずは緊急時に連れて逃げやすい形を考える必要があります。

ガイドの場合は猫なので、リュックとして背負えるキャリーバッグを用意し、その中に猫用の餌を入れてあります。


>>次のページでは優先順位2として備蓄しておくものをご紹介します。