好感度アップの前髪の法則とは

image

好感度アップの前髪の法則

顔の印象を大きく変えるのが前髪。前髪によってまるで別人のように顔の印象が変わることもありますよね。一日に何百人ものお客様と接するCAにとって、第一印象で好感を持っていただくことは必須項目。業務マニュアルの中に前髪に関する細かい規定があるほど、前髪は好感度に大きな影響力があるのです。

そのためCAは前髪にとても気を遣っています。なかにはその日のフライトや与えたい印象に合わせて前髪を使い分けているという人も! CAは制服も髪型も決まっているので、前髪やメイクなどを工夫して印象コントロールするしかないのです。

ここではそんなCAが編み出した好感度アップの前髪の法則、前髪ありと前髪なしで印象がどのように違うかについて、その使い分け方法についてご紹介いたします。
 

ポイントは明るさと清潔感

好感度アップのために最も大切なことは清潔感です。日頃から髪のお手入れをしっかりとしツヤをキープすることはもちろんですが、清潔感を欠く前髪スタイルにしないことも大切。

まず絶対にNGなのが目にかかるほど長い前髪。清潔感のない印象になる上、暗く見えてしまいます。好感度アップのために大切なポイントは明るい印象に見せること。重くて暗い印象の人よりも、爽やかで明るい印象の人の方が話しかけやすいですよね。前髪で明るい印象を演出するためにはある程度おでこを見せることがオススメです。

おでこ全開にしなくても前髪を斜めに流して半分おでこを見せるだけで印象がグンと明るくなります。おでこを全部隠してしまうパッツン前髪は可愛いのですが重く印象になってしまうので好感度の点では△。TPOによって使い分けましょう。ちなみにCAの間では、前髪を全てアップにするおでこ全開スタイルか前髪を斜めにおろし半分おでこを見せるスタイルが人気です。