「自然におろした前髪」のブロー・セットテクニック

前髪ブローをマスターして美人ヘアに近づこう!

前髪のブロー・セット方法

髪型の中で前髪の占める印象はとても大きいもの。「前髪ブローは面倒くさい!」という人でもできる、簡単な前髪ブロー・セット方法を紹介します。ポイントを押さえたブローテクニックで、サロン級の仕上がりを手に入れましょう。

まずは人気の高い「自然におろした前髪」のブローテクニックです。パッツン前髪を作ろうと思っても、クセがあるからキレイに真っ直ぐおろせない人も多いのでは? きれいなふんわりとした前髪は、ブラシとアイロンの2本使いで作ります。根元のクセが気になる人も最初に補正しましょう。
 

自然におろした前髪のブロー方法

1. 前髪幅にブロッキング
1. 前髪幅にブロッキング

1. 前髪幅にブロッキング

頭のてっぺんと左右の目じりを結んだ三角形で分け取りダッカールでブロッキング。

横幅を広く取ると、より可愛い印象に仕上がります。

2. 逆方向ブローで生えグセを補正
2. 逆方向ブローで生えグセを補正

2. 逆方向ブローで生えグセを補正

前髪が生えグセで割れてしまう人は、最初にクセを取ることが大切。

まず自分のクセ流れとは逆方向に向かってブローします(左流れのクセの場合は、右側にブローする)。

3. 根元のクセを補正
3. 根元のクセを補正

3. 根元のクセを補正

一方方向に前髪が流れ過ぎないように、次に2とは逆側に向けてブローします。こうすることで前髪がパックリと割れてしまうクセが真っ直ぐに補正されました。

4. 前髪の下部分をブロー
4. 前髪の下部分をブロー

4. 前髪の下部分をブロー

おでこから約2cm分の前髪を分け取ってブロッキングします。

ロールブラシを回転させながら、丸い曲線を描くようにブロー。この時、上から根元にドライヤーの熱を当てることがポイントです。

5. 前髪の上部分をブロー
5. 前髪の上部分をブロー

5. 前髪の上部分をブロー

下の前髪よりも少し下気味にブラシを入れて、同様にブローします。2つにブロッキングすることで、ふんわりとした前髪ができあがります。

6. 2つを合わせてブロー
6. 2つを合わせてブロー

6. 2つを合わせてブロー

ブロッキングして分かれている前髪を軽くブレンドさせます。せっかく作ったふんわり感を壊さないように、そっとブラシを入れてブロー。

7. 毛先にカーブをつける
7. 毛先にカーブをつける

7. 毛先にカーブをつける

よりカール感が欲しい場合は、最後にストレートアイロンを使います。毛先を挟んで曲線を描くようにアイロンを抜きます。

完成
ふんわり前髪の完成です

ふんわり前髪の完成です

ふんわり前髪の完成です!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。