仕上がりに差がつく「ブロッキング」のやり方をマスター

「ブロッキング」とは、髪をいくつかの毛束に分けて留めておく作業のこと。ヘアアレンジをキレイにつくるためにブロッキングを取ることは、とても大事な作業になります。髪型のデザインや毛量等によってブロッキングのやり方は様々ですが、ここでは自分でできる基本的なブロッキングの取り方をお伝えしましょう。

鎖骨ラインのミディアムヘアを例にブロッキング

鎖骨ラインのミディアムヘアを例にブロッキングの方法をレクチャー



ブロッキングの取り方

バックを上下にわける

バックを上下にわける

 

1. 耳より前の両サイドの髪を残し、バックを上下に分けます。
指で分けるとよい

指で分けるとよい

2 耳前の髪を上下に分けて、ヘアクリップで留めておきます。
スライスは真っすぐに

スライスは真っすぐに

3 両サイド、バックをブロッキングした状態がこちら。バックのスライスは真っ直ぐ取りましょう。
ブロッキングの仕上がり

ブロッキングの仕上がり

4. サイドの髪は「イヤートゥイヤー(=両耳をつなぐ線)」で分け、後ろ側は上下に分けるのが基本。髪の量が多い人、長さがある人は、このブロッキングを細かくしていくことで、よりアレンジがしやすくなります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。