長め前髪(アシメ前髪)の切り方・セルフカット方法をマスター

長め前髪の切り方・斜め前髪のセルフカット方法

斜めバングの切り方を伝授!

髪を切った時はベストな長さの前髪も、1か月を過ぎた頃から少しずつ目にかかって邪魔な長さに……。美容室でカットしたような仕上がりがお家でも簡単に再現できる、セルフカットテクニックを紹介します。
   

失敗しない!長め前髪の上手な切り方・セルフカットのやり方

ゆるいカーブを描いて斜めに流した長めの前髪は、フェミニンな表情を引き出してくれます。長さが短すぎても長すぎても決まらないので、最初にレングス設定を慎重に行うことがポイント。 サイドへと自然に流すことで、スタイリングのしやすい前髪に! 大人っぽく女性らしさ満点の斜めバングの切り方をマスターしましょう。

参考:自然におろした「ストレート前髪」のセルフカット方法
 

1. 基準となる前髪の長さを決める

黒目の間に基準となる長さを決める

黒目の間に基準となる長さを決める

まず黒目と黒目の間の毛束を取り、ここで基準となる前髪の長さを設定します。鼻より長めに設定すると、キレイにサイドに流れやすくなります。ハサミを斜めに入れながらラインを整えます。
 

2. 前髪をヘビーサイドへとつなげる

ヘビーサイドへとつなげる

ヘビーサイドへとつなげる

ガイドラインをもとに、ヘビーサイド(髪の分量が多い側)からカット。ハサミを縦に入れてラウンドラインでつなげます。斜めにまっすぐ切ってしまうとラインが揃い過ぎてしまうので注意しましょう。
 

3. 前髪をライトサイドヘアとつなげる

ライトサイドへとつなげる

ライトサイドへとつなげる

同様にライトサイド(髪の分量が少ない側)もカットします。こちらのほうがヘビーサイドに比べて長さが短くなっていればOK。
 

4. ヘビーサイドにすきばさみを入れる

ヘビーサイドをセニングカットに

ヘビーサイドをセニングカットに

ヘビーサイドは量感があるので髪が流れにくくなってしまいます。毛束に対して斜めになるように髪の毛をすく、もしくはセニングシザー(すきばさみ)を入れて、適度に軽さを出します。
 

5. 前髪を自然に流してスタイリング

前髪をサイドに流してスタイリング

前髪をサイドに流してスタイリング

サイドの髪になじむようにスタイリングで整えたら完成です! 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。