冬眠前のワクワクする気持ちを抑えられないコグマ
『はるはいったい いつくるの?』

冬眠しているクマは、冬の間ずっと目を覚まさず眠りっ放し? 絵本『はるはいったいいつくるの?』には、冬に入る前から春が待ち遠しくてたまらなくて、なかなか寝付けないばかりか、眠っても何度も起きてしまうコグマのアルフィーが登場します。そんなアルフィーは、冬景色の中に色々な春を見つけます。

 

冬景色の中に見た色々な春

「おいで アルフィー、とうみんしましょう。目がさめたら はるですよ」。赤、黄、緑、色鮮やかな秋の落ち葉で遊んでいたアルフィーに、かあさんグマが巣の中から優しく声をかけました。アルフィーにとって、初めて経験する冬。そして見たことのない春の景色。「はるって なに?」「はるって いつくるの?」と好奇心でいっぱいになったアルフィーは、かあさんグマの腕に抱かれて眠りに落ちたものの、すぐ目を覚ましてしまいます。

チョウチョに見えたものは、降り始めた初雪でした。木にたくさんの鳥がとまっているように見えたのは、枯葉と枝から伸びるつららでした。温かなお日さまの陽射しに見えたものは!? 動物にとって恐ろしいものでした……。

アルフィーは、春が来たと思い込むたびにかあさんグマのことも起こします。冬眠中にこんなに何度も起きてしまって、アルフィーもかあさんグマも大丈夫かなと、少し心配になりますが、山の冬はとても長いのです。親子グマは次第に深い眠りに落ちていったようです。


「なかなか寝付けない」その思い

私はこの絵本を読んで、なかなか寝付けないアルフィーに、毎晩なかなか寝ようとしない我が家の子どもたちを重ね合わせてしまいました。日中も体を思いっきり動かして活動している子どもたちは、夜の21時近くなれば眠くなってきているはず。それなのに、なんだかんだと理由をつけて、なかなか布団に入ろうとしません。皆さんのお宅でも、ありませんか?

アルフィーの様子を見て、ふと思いました。子どもたちには「明日」に対する期待と不安が毎日毎日わき上がってくるのかな? 「こんなことをしよう。あんなこともできたらいいな」という期待や、「どんな1日になるのかな?」という小さな不安……。子どもにとっての毎日は、たくさんの「初めて」にあふれています。初めての冬を迎え、見たことのない春を心待ちにして落ち着かないアルフィーの様子に、そんな気持ちにさせられました。

短いお話から伝わってくるかあさんグマの優しさに心が和み、子どもをひざの上にのせて温もりを感じながら読みたくなるような絵本です。やがて、絵本の中に美しい春が訪れます。明るい空を少しまぶしそうに見上げるかあさんグマ。そしてアルフィーは、どんな表情で待ちわびた春を迎えたのでしょうか!? 思わずクスッと笑ってしまう、春にぴったりのラストが待っていますよ。
 



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。