ココが違う! 漢検準1級と1級

2級に合格したのでさらに上を目指す、2級の内容では少し物足りない……、そういった方にはまず準1級を受検することをオススメします。なぜなら準1級と1級では、試験の難度に大きな開きがあるからです。
漢検にチャレンジ!

漢検にチャレンジ!



ここで、準1級と1級の試験範囲を確認しておきましょう。

【準1級】
常用漢字を含めて、約3000字の漢字(JIS第一水準を目安とする)の音・訓を理解し、文章の中で適切に使える。

【1級】
常用漢字を含めて、約6000字の漢字(JIS第一・JIS第二水準を目安とする)の音・訓を理解し、文章の中で適切に使える。

これを見て分かるとおり、1級では準1級の倍の漢字が出題対象となります。しかも準1級の3000字のうち2136字が常用漢字ですから、準1級では900字近くを新たに覚えればよかったのが、1級では3000字を更に追加で覚えなければなりません。

1級のトータル6000字を活用した熟語となると膨大な数となります。これを覚えることは容易な事ではありませんね。一朝一夕では1級をクリア出来ないことは想像できるでしょう。1級というのは実にハードルが高いのです。

では実問題を例に、準1級と1級の問題を比較的してみましょう。

実問題に見る準1級と1級の違い

まず、準1級と1級の読み問題で出題される語句の例を挙げてみます。どちらも『本試験型 漢字検定問題集』 (成美堂出版)の準1級、1級版から取り上げてみました。

 

 

【準1級】
音読み:胡乱 掩蔽 軒昂 杜撰 遡上 耽溺 鼎談 物怪
訓読み:煽る 阿る 宛ら 捌く 凌ぐ 轡 丙午 歪
【1級】
音読み:覊束 翹望 愆過 苞苴 研覈 箕裘 鏘鏘 熱鬧
訓読み:剪る 諂う 跼る 殃い 忽せ 噬む 贐  鷦鷯

解答は次ページに載せています。