F1レーサーのジェームス・ハントとニキ・ラウダが火花を散らす闘いを描いた映画『ラッシュ/プライドと友情』は、レース映画としてのお楽しみはもちろんですが、二人の天才ドライバーのライバル関係に熱いものがこみあげてくる作品になっています。「人生にライバルは必要だ!」と声高に叫びたくなるくらいに。そこで今回は、ガイドが選ぶ「ライバル映画」をご紹介します。

天才ドライバーの運命を決める1976年に熱くなれ!

『ラッシュ/プライドと友情』(2013年度作品)
『ラッシュ』

ハント(左)とラウダ(右)天才レーサーの熱血バトル

F3時代からのライバルであるジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)とニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)の1976年のレースを描いた『ラッシュ/プライドと友情』は、レースの臨場感や迫力を体感しながらも、ハントとラウダという宿命のライバルの濃厚なドラマがたまらない作品です。大酒のみで女好きのチャラい天才レーサーのハントと神経質でマシーンを熟知して走る頭脳派というかオタクみたいな天才レーサーのラウダ。まったく正反対の二人が1976年年間チャンピオンをかけて熾烈な闘いを繰り広げる実話の映画化です。

『ラッシュ』

いつでも女連れのハント

相手を威嚇しながら「絶対にアイツには負けたくない」と思うハントとラウダの敵対心。ラウダはきっと「あんなチャラチャラしたいい加減なヤツに負けたくない」と思い、ハントは「地味なマシンオタクに負けるわけねえだろ」と思っていそうです。少年漫画にありそうな二人の関係はわかりやすく、大人の男なのに男の子のような純粋さを感じます。そんなライバル同士の熱いバトルを盛り上げるレースシーンの臨場感はかなりの迫力! つかの間サーキット体験ができますし、レースの裏側を垣間見られる喜びもあります。特にレースファンにとって1976年のハントとラウダのバトルは伝説だそうで、しかも年間チャンピオンが決まる最終レースは日本GP、富士スピードウェイ。これはたまらないでしょう。

『ラッシュ』

コンピューターと言われるレーサーのラウダ

映画のハイライトはラウダのレース中の大クラッシュ。事故と治療のシーンは、現場に居合わせているようなリアリティで見ていて辛く「こういうシーンに臨場感はいらないんだけどな」と思ったけど、そのシーンが壮絶だからこそ、彼が6週間でレースに復帰したときはビックリしたのかもしれません。ものすごい精神力と肉体の持ち主! でもこのくらいの不死身さがないとレーサーは務まらないのでしょう。

『ラッシュ』

1976年の年間チャンピオンを争うハントとラウダの物語

ロン・ハワード監督は実話の重みと映画としてのエンタティメントの融合を見事に成功させています。しかも決して涙を誘う友情物にしていないところもいい。ちなみにラウダは現役引退後、ラウダ航空という航空会社を設立して手堅く人生を歩んでいますが、ハントはずっと破天荒に生き続け、心臓発作で急逝してしまいました。享年45歳。二人のキャラクターがそのまま人生に反映されていますね。

この映画が完成したときラウダは「二人でビールを飲みながら、この映画を見たかった。自分たちはライバルだったけど、お互いをリスペクトしていたから」と語ったそうで、泣けます……。レースに生きた男を描いた『ラッシュ/プライドと友情』。命を懸けた仕事にはドラマがある! 男性はもちろん、女性も楽しめる作品です。

監督: ロン・ハワード
出演: クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイほか
(C)2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.

※お次は、ボクシング漫画の名作を映画化した『あしたのジョー』