子猫が生まれるのはいつ?

メス猫の発情期は日照時間に関係すると云われており、通常は1月の後半から9月頃までとされています。しかし、不夜城とも呼ばれる都会に住む猫たちにとっては、この発情→妊娠可能時期がズレ始めています。子猫の姿を見かけなくて一息つける、と思う時期なのに最近は妊娠している猫や子猫の姿を見かけるようになりました…。

一方、オス猫には決まった発情期はなく、近くに発情中のメス猫がいればいつでも「やる気OK!」です。

そんなこんなで…環境さえ許せば年に3~4回出産可能な猫たちは、場所によってはどんどん増えていきます。

飼い主のいない猫が生んだ子猫は…

生後2日目の子猫

猫の妊娠期間は約63日~66日程度です。母猫は通常3~6頭程度の子猫を生みますが、外で生活している飼い主のいない猫で無事に1歳を迎えられるのは1回に生まれた中の0~1~2頭です。

現在は、どこの地方自治体も積極的に猫の捕獲活動を行っていません。しかし、愛護センターで殺処分される猫の数は犬の約2倍近くにのぼります。そして、そのうちの8~9割は持ち込まれた幼い子猫なのです。

この記事は積極的に生まれたばかりの子猫を探してきて、子育てしてください、という趣旨ではありません。
もし、どこかであなたが幼い子猫と出会うことがあったときに…
もしかしたら、助けることができる「いのち」を前にしたときに…
役立てていただければ、と思います。
また、自分ではできない、と思われるのであれば、動物病院なり保健所にご相談ください。保護猫のボランティア活動をしている方々の手が借りられるかもしれません。

しかし、もし自分でそのいのちを助けたい、と思った時に、誰かの手を借りるのであれば、任せっきりにはしないでください。
幼い子猫を育てるには、ものすごい労力と時間と、そしてお金がかかります。
生後3週齢までは、2~4時間おきのほ乳と自力では排泄できないため排泄を促すお手伝いが必要です。面倒を見る人は子猫にかかりっきりとなり、ゆっくり寝ることも、まとまった時間家を空けることもできなくなります。
子猫が順調に成長するまでには、下痢をした、風邪をひいた、と何度も動物病院に連れて行かなければならないかもしれません。
子育てとは、想像以上にお金がかかるのです。

新しいおうちが見つかっても…それで終わりではないのです

子猫の新しい家族を捜す苦労も並大抵ではありません。ネットが普及してから窓口は増えましたが、それでも写真を撮って、里親募集のサイトにあげて~、子猫の問い合わせが来たときはそこが子猫の終の棲家として最適かどうか実際にお宅伺い確認をし…「ここだったら大丈夫ね」とお渡しした後でも、何かトラブル:猫が逃げた・飼い主として不的確なことが発覚した・等々:があったときは、その対応に追われます。

そして、何故かご縁が遠く大きくなっても行き先が決まらない子猫もたくさんいるのです。小さくてかわいらしいうちは人の目を惹きますが、大人猫になってしまうと、なかなか…という現状があります。
※筆者の個人的意見ですが、性格がわかっていて、安定している大人猫の方が初心者や高齢のご家族がいらっしゃる家庭では飼いやすいと思うのですけれど。ね。

手助けしてくださる方がいたときは、猫が好きでボランティアでやってるんでしょ、と気軽に考えないでください。

いのちを助けたい、と思ったときには、そのいのちに対する「責任」が発生します。
もし、新しいうちが見つからなかった場合は、自分のところで引き取る覚悟がなければ、本当は手を貸してはいけないのではないか?とも思います。
しかし、まずは今手を貸すことで生きるチャンスが増える子猫が居たのなら…。
このマニュアルが参考になることを願っています。

お尻の穴と陰部が近い方が女の子です 離れている方が男の子です
子猫のうちは、陰嚢が目立たない子もいます

子猫の月齢目安

飼い主のいない猫が生んだ子猫で栄養状態が悪いと、小さく痩せていることが多いので、実際の月齢より赤ちゃんと思いがちです。
発育状態によっては、下記の様な成長も遅れがちなので、おおよその目安としてください。

平均的な子猫の出生体重 90~110g
匂いがわかるのは 生まれた瞬間から
ヘソの緒 生後2~5日の間に乾燥して取れる
目が開くのは 生後4~12日くらいの間。最初は目尻から開き始め、全開するのに3~5日かかることもありますが、目が開き始めてから目やになどで塞がってしまったときは、早急に獣医師に診せ手当を行ってください。
耳が聞こえるのは 生後10日頃からふさがっていた耳の穴が開き始め、徐々に聞こえはじめます。)
生後3週ぐらいから爪を引っ込めることができるようになるまで、爪は出しっぱなしです。
歯が生えるのは 生後3週前くらいから
本来のアイカラーに変化するのは 目が開いて1.5~2ヵ月過ぎまではキトンブルーと呼ばれる灰青色のアイカラーで、その後徐々に本来の目の色に変化していきます。
乳歯が抜けるのは 生後3~6ヵ月の間に乳歯から永久歯に生え替わります。

1.保温

幼い子猫を保護した場合、真っ先にしなければいけないことは『保温』です。身体が冷え切っている場合は、40度くらいのお湯につけて、身体の中心から優しくマッサージして身体を温めてあげても良いでしょう。こまめに差し湯を行い、お湯の温度が下がらないように注意してください。またお湯から出す前に、部屋全体の温度を上げて温かくしておき、渇いたタオルで、こちらも身体の中心から外側に向かってマッサージするように水分を拭き取ります。ドライヤーで乾かすと乾燥しすぎることがあるので、温度と風量に注意してください。
※手足が冷えているので手足からマッサージ、と思いがちですが、身体を温めるときは必ず身体の中心からマッサージをしてください。

2.外部寄生虫のチェック

11/10の記事のちっちゃいちゃんのように、身体に卵が産み付けられていたり、ノミやダニがたかっていることが確認できたら、乱暴と思われるかも知れませんが、お湯などにつけて早急に駆除する必要があります。
背筋がぞっとするような過去の経験談ですが…
大昔、白黒灰色の色が混ざった子猫(これも赤ちゃんでした)を拾って、持ち上げてよく見たら~~
ぞぞ~~~っ!
黒や灰色と思った部分は、すべてノミ!実は白猫さんだったのです!
赤ちゃん猫はノミに血を吸われすぎて貧血を起こしていました。鳥肌サムイボを我慢して子猫を洗うと、ノミは一目散に穴という穴をめがけて行列をなして入ろうとします。それを予測して、まず子猫をお湯につける前に子猫の頭を触ると、ノミは一斉に身体の下の方に移動します。その後首の回りに洗剤をマフラーのように垂らし、お尻の穴にも先に洗剤をつけて、その後お湯に浸してノミを駆除しました。
※本来であれば、子猫に優しいシャンプーを使うべきですが、このような緊急事態の場合は、台所用の洗剤を使用します。これを使うと、ノミはその場でノックアウトできますから。市販されているノミ取りシャンプーではノミは死にません…。

今は安全性の高いスポットタイプのノミ取り薬がありますので、昔のようにいきなりシャンプーをしなくても済みます。ノミの駆除薬については、動物病院にご相談ください。

続いて、ほ乳について→