インターネットで賃貸物件を検索すると、大抵の場合、問い合わせフォームがあり、最後にはその物件を仲介・管理している不動産会社に直接メールを送れるような仕組みになっています。こういったサイトを利用した場合、自動的に必要項目を入力できるようになっており、それにそって名前や連絡先を入力すれば、後日不動産会社から連絡がくるようになっています。

必要なことを入力するだけのことじゃないかと思いがちですが、実はここの書き方をちょっと工夫すると不動産会社とのやり取りがぐっとスムーズになるのです。

条件は正確に伝える

メールの特徴は、書いたものが後に残ること。電話だと耳で聞くだけですが、メールなら何度でも確認することが可能です。が、逆に書いたことしか伝えることはできません。よって、どのようにメールを書くかがとても大切になります。

そのため、希望条件は詳しく正確に伝えましょう。問い合わせたい物件の詳細についてはもちろんのこと、現在空室で見学をするならいつしたいのか、もしすでに決まってしまっていたら、他の物件を紹介してほしいのか、その場合は、どんな条件の物件を希望しているのか、いつまでに引越ししたいのか、などの情報を書いておくといいですね。早急に引っ越ししたい、また物件情報について知りたいというのであれば、自分の電話番号を必ず記入しておくこと。繋がりやすい時間帯や、不在の場合の対応(留守番電話に入れてくれれば、折り返し電話するなど)についても明記しておくと丁寧です。

【メールに記入すること】
・氏名
・連絡先(繋がりやすい電話番号、時間帯、メールアドレスなど)
・問い合わせ物件に関する質問
・部屋探しの希望条件(エリア、家賃、入居人数、引っ越し希望時期、外せない設備、優先順位など)

>>>メールの返事からわかる不動産会社のこととは・・・?