インパクトを与える一回のみ

効果的な価格の下げ方とは、価格を下げるのは一度だけにすることです。そしてその一回の値下げで、買い手に大きなインパクトを与えられる下げ幅とするのです。先程の価格を例にすると、数度に渡って3,480万から3,280万に下げたのに対し、効果的な下げ方は一回で3,280万まで一気に下げてしまうのです。

この動きを観察していた買い手は「一度にここまで下がったら他の人に買われてしまう!」「今が買い時だ!」と、さっきとは逆に購買意欲を刺激され次のステップに進んでいくのです。

不動産会社の力量が問われる

mansion

売却を行う不動産会社には、より高度な知識が求められています

ここまで2種類の下げ方を紹介しました。下げた価格は同じでも、そのプロセスが違うだけで、買い手に与える印象はまったく違ったものになるのです。

ただ、こうした効果的な下げ方をするためには、大体どのあたりで売れるのかを、担当者や不動産会社が把握し、なおかつその根拠を売り手にも正確に伝え、売り手の理解を得ることが必要です。

数回に刻んで下げていくというやりかたは、不動産会社やその担当者が、実際いくらで売れるか分からず、自信が持てないからです。とりあえず細かく刻んで様子を見ながら……という恐る恐るでは売れるものも売れません。こうしたところで不動産会社や担当者の力量が問われくるのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。